今回は、日立の衣類スチーマーの最新モデルCSI-RX3と前モデルであるCSI-RX2との違いの比較をメインに、口コミや評価についてもわかりやすくおまとめしました。

今回のバージョンアップでは、タンクの容量と連続スチームの時間が増えました。渋いブラックカラーの登場も見逃せません。

じっくり比較してみたところ、それほど大きな違いはありませんが、より使い勝手が良くなったことには間違いなさそうです。

細かな違いについては本文で詳しく紹介しているので、ぜひ最後まで読んでいってくださいね(*・∀-)☆

↓↓↓ 新製品のCSI-RX3 ↓↓↓

↓↓↓ ひとつ前のCSI-RX2 ↓↓↓

↓↓↓ Amzon・Yahooショッピングはこちらからどうぞ♪ ↓↓↓
CSI-RX3-W 日立 コードつき衣類スチーマー ホワイト HITACHI [CSIRX3W]
created by Rinker

日立衣類スチーマーCSI-RX3とCSI-RX2の違いを比較!


それでは早速、CSI-RX2とCSI-RX3の違いを見ていきましょう!

タンク容量の違い

本体の給水タンクの容量が10ml多くなりました!
  • CSI-RX2:70ml
  • CSI-RX3:80ml
  • 本体の大きさはそのままに10mlも容量を増やせるのは企業努力のたまものです。

    この改善は、次で説明する連続スチームの時間に大きく影響しています。

    連続スチーム時間の違い

    連続スチームの時間が30秒長くなりました!
  • CSI-RX2:5分
  • CSI-RX3:5分30秒
  • たった30秒と思うかもしれませんが、30秒違えばシワを伸ばせる面積もかなり違ってきます。

    一回の給水でできるだけ広範囲のシワを伸ばしたいという消費者のニーズに答えた改善と言えるでしょう!

    スチーム量の違い

    1分間に放出できるスチームが1g少なくなりました!
  • CSI-RX2:14g
  • CSI-RX3:13g
  • これ、ぱっと見るとパワーダウンのように感じますが、僕の考えではスチーム時間を伸ばすための工夫だと思うんです。

    ここからは憶測でしかありませんが、スチーム量が14gから13gに減ったくらいではそれほど効果に変わりないのかもしれません。

    それよりも、スチーム量を13gにして30秒間スチーム時間を伸ばした方が、結果的にはより多くのシワを伸ばせると判断したのではないでしょうか。

    もちろん大手の日立ですから、このあたりの検証はしっかりされていると思います。

    なので、スチーム量は減っていますが、衣類スチーマーとしての性能はプラスだと考えます(`・ω・´)ゞ

    スタンド設置時の大きさの違い

    本体そのものの大きさに変更はありませんが、スタンドに設置した時の奥行きが5mm短く、高さが5mm低くなりました。
  • CSI-RX2:幅約180mm 奥行約100mm 高さ約155mm
  • CSI-RX3:幅約180mm 奥行約95mm 高さ約150mm
  • タンクが大きくなっているのに設置面積が小さくなっているのは、なかなかすごいことです。やっぱり企業努力ですね!

    色の違い

    今回のバージョンアップでは今までになかったオニキスブラックが登場しました!
  • CSI-RX2:ホワイト・ルビーレッド
  • CSI-RX3:ホワイト・オニキスブラック
  • また、同じホワイトでも持ち手部分のカラーリングが変更されています。

    CSI-RX2のホワイトの持ち手はシルバーだったのに対し、CSI-RX3の持ち手はピンクゴールドっぽいカラーになっています。ちょっと優しい雰囲気になりましたね。

    ↓↓↓ CSI-RX2のホワイト ↓↓↓


    ↓↓↓ CSI-RX3のホワイト ↓↓↓


    一方、CSI-RX2のレッドは持ち手も含め全て赤だったんですが、CSI-RX3のオニキスブラックは持ち手部分上部ががシルバーになっています。ここは、ホワイトと雰囲気を合わせた感じですね。

    ↓↓↓ CSI-RX2のルビーレッド ↓↓↓


    ↓↓↓ CSI-RX3のオニキスブラック ↓↓↓


    オニキスブラックの変更も含めて考えると、CSI-RX3はCSI-RX2よりも少し豪華な印象がプラスされたように感じました。


    はい、このふたつの違いはこんなところでしょう。商品ページをじっくり見比べたので、多分間違ってないはずです!

    その他、
  • 立ち上がり時間
  • 3段階の温度調節
  • オートオフ
  • クロスラインスチーム
  • などの機能に違いはないようです(´・∀・)ノ゚

    CSI-RX3の口コミまとめ!スチームアイロンとしての評価は?


    ここからはCSI-RX3の口コミや評価についてまとめる予定ですが、まだ発売前なので、旧商品のCSI-RX2の口コミを集めてみました。

    基本的な性能にそれほど大きな違いはなにので、十分参考になるかと思います((*´∀`))
    【良い口コミ】

  • 母にプレゼントしました。想像していたより軽くて使いやすいそうです。

  • 他のメーカーのものも試してみましたが、こちらの方が良かったです。スチームも大量に出て、シワもしっかり伸ばせます。

  • 大物だと多少時間がかかりますが、ひっぱりながら使用すればキレイにシワが伸びてくれます。レーヨンなどであれば短時間でシワが伸ばせます!

  • 薄手のシャツに使用するだけなので、アイロン台を出す手間が省けて良いです。

  • もっと早く購入すれば良かったと思えるくらい実用的です!片手でスチームを当てても短時間なので疲れません♪

  • ハンバーにかけたままシワを伸ばせます!縦向きでも横向きでも使用できるところが助かります。

  • 【悪い口コミ】

  • コンパクトサイズなので、大量にアイロンをかけたい人には物足りないかもしれません。子供服や自分のセーターに使うくらいなら十分ですが。

  • 3枚続けて使用したら、流石に腕が少しだるくなってしまいました。

  • ※ 口コミは内容を変えない範囲で筆者が編集しております。
    口コミ件数はそれほど多くありませんが、全体的に満足度の高いコメントが多かったように思います。

    悪い口コミも完全否定のものではなく、ちょっと気になった程度のものがほとんどでした。

    おそらく、CSI-RX3の口コミも同じように満足度の高い内容になるかと。早く見たいですね!

    日立衣類スチーマーCSI-RX3を送料無料でゲットしよう♪

    日立の衣類スチーマーCSI-RX3は送料無料で購入することができます(´・∀・)ノ゚

    ↓↓↓ 送料無料のショップで購入する♪ ↓↓↓

    ちなにみ、CSI-RX2はかなり価格が下がっています!

    CSI-RX3に比べると半額くらいになっているので、新製品じゃなくてもかまわないという場合は、あえてCSI-RX2を選ぶのもアリです(σ^▽^)σ


    ↓↓↓ Amzon・Yahooショッピングはこちらからどうぞ♪ ↓↓↓
    CSI-RX3-W 日立 コードつき衣類スチーマー ホワイト HITACHI [CSIRX3W]
    created by Rinker

    ひとこと。

    ひとくちに衣類スチーマーと言っても、様々なメーカーからいろんな製品が発売されています。

    安価な海外製品に目がいく気持ちもわかりますが、やはり安心なのは「国産メーカー」です。

    しっかりした機能で長く使える衣類スチーマーをお探しなら、ぜひ日立のCSI-RX3を検討してみてくださいね(●´∀`)ノ