手軽な操作で自家製ヨーグルトが作れるアイリスオーヤマのヨーグルトメーカー「IYM」シリーズ。

現在、その主力商品となっているのが「IYM-014」「IYM-013」です。

見た目もそっくりで、価格もそれほど違わない。初めて見る人はこのふたつがどう違うのかさっぱりわからないことでしょう。

ということで今回は、アイリスオーヤマのヨーグルトメーカー「IYM-014」と「IYM-013」の違いを比較し、あなたにはどちらが向いているのか?という疑問を解決していきたいと思います(*・∀-)☆

↓↓↓ 最新型の「IYM-014」↓↓↓

中央の操作パネル以外の見た目はほとんど変わりませんね((*´∀`))

↓↓↓ 先代の「IYM-013」↓↓↓

アイリスオーヤマヨーグルトメーカーIYM-014とIYM-013の違いを比較!


細かい違いを比較する前に、大まかな違いを先にお伝えしておきますね!

型番で言うと「IYM-014」が最新式なので一番性能が良いように思いますが、この製品に限っては「IYM-013」の方が少し性能が上なんです。

正確に言うと、作れるレシピや温度やタイマーなどの設定範囲は同じなんですが、自動メニューの数が違います。

詳しくは後述しますが「IYM-013」は、自動メニューが多いので温度や時間を自分で設定する手間が省けます。


また、「IYM-013」にはヨーグルトを入れる保存容器が2個ついているんですが、「IYM-014」には1個しか付属しません。

あと、ヨーグルトメーカーを使ったレシピブックも「IYM-013」にのみ付属する形となります。


つまり、「IYM-014」は「IYM-013」の自動メニューと付属品を少なくした廉価版のような位置づけと言える製品なのです。

それがそのまま、価格の違いとなっているわけですね。


では、ここからはより詳しくふたつの違いを比較していきます(o´・∀・)o

自動メニューの違い



「IYM-014」には2つ、「IYM-013」には5つの自動メニュー搭載されています。
  • IYM-014:甘酒・プレーンヨーグルト
  • IYM-013:甘酒・塩麹・飲むヨーグルト・プレーンヨーグルト・カスピ海ヨーグルト
  • 「IYM-014」は自動メニューをヨーグルトメーカーで作れるレシピの中でも人気の高い甘酒とプレーンヨーグルトのみに絞っています。

    なので、基本的に普通のヨーグルトをメインに作る人向けの製品となります。


    一方、「IYM-013」はヨーグルトメーカーを使っていろんなものを作りたい人向けの製品となります。

    また、飲むヨーグルトがお目当ての場合は「IYM-013」一択です。飲むヨーグルトの自動メニューがありますからね!


    ただ勘違いしてほしくないのは、「IYM-014」でも自動メニューにないレシピは作れるということ。自分で温度と時間を設定すればちゃんと作れるのでご安心くだい。

    ややこしいですが、自動が手動かという違いだけなのです(´・∀・)ノ゚

    付属品の違い



    先程お伝えした通り、「IYM」シリーズには専用のヨーグルト保存容器がついていて、「IYM-014」には1個、「IYM-013」には2個入っています。

    別に1個でも良いんじゃない?と思うかもしれませんが、「IYM」シリーズを購入した人の多くが保存容器はいくつかあった方が良いというコメントを残しています。

    というのも、ヨーグルトって毎日食べるじゃないですか。なので、少なくなってきたら追加すると思います。

    その時に別の容器がないと、ちょっと面倒くさいと思いませんか?

    なんとかなると言えばなるんですが、予備があった方断然便利です(*´ε` *)


    あとは、メニューブックですね。メニューブックは「IYM-013」にのみ付属しています。

    ただ、アイリスオーヤマの公式サイトにはヨーグルトメーカー専用のメニューページが用意されています。

    アイリスオーヤマ:ヨーグルトメーカーレシピ


    なので、メニューブックがないからといって特に困るというわけでもありません。スマホで見ながら作れば良いだけですので。

    まぁ、紙製のメニューってなんとなくワクワクするので、満足度の点ではあった方が嬉しいとは思いますが(●´艸`)

    価格の違い

    最後に価格の違いについて補足しておきます!

    この記事の執筆時点での比較となりますが、
  • IYM-013:3,400円(税込・送料無料)
  • IYM-014:3,080円(税込・送料無料)
  • 「IYM-013」と「IYM-014」の価格差はこれくらいになります。

    正直、ほとんど変わりません。たった320円の差です。

    この価格差で保存容器とメニューブックがついてくるなら、「IYM-013」を選んじゃいますよね。

    IYM-014とIYM-013はどっちを選ぶべきなの?

    いかがでしょう、ここまで違いを比較してきまたがあなたにはどちらの方が魅力的に感じたでしょうか。

    わたしが重要だと思うのは、
  • 自動メニューの数
  • 保存容器の数
  • のふたつでした。

    細かいことは抜きにして、おおまかに選ぶ基準を決めるとすれば、
  • IYM-014:基本ヨーグルトしか作る気がない
  • IYM-013:飲むヨーグルトや他のレシピも作りたい
  • になるかと思います。

    価格の差もほとんどありませんし、結局どんな使い方をするかで決めれば良いと思います。

    大は小を兼ねると言いますし、迷ってしまった場合は「IYM-013」で良いのかなとわたしは思います(´・∀・)ノ゚

    アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーを購入するならこのショップ♪

    アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーはお店によって価格にバラつきがあります。

    値段の安さだけで比較すると、アイリス公式のアイリスプラザよりも他のショップの方が安い場合が多かったりするんです。

    今「IYM-013」の値段を確認してきたら1,000円以上違っていました(-∀-`; )


    というわけで、楽天で「IYM-014」「IYM-013」を購入するなら以下のショップがおすすめとなります(*・∀-)☆

    ↓↓↓ 「IYM-014」↓↓↓

    ↓↓↓ 「IYM-013」↓↓↓

    ひとこと。

    それにしても、アイリスさんはどんどん製品の幅が広がっていますね。特に家電の種類の多さには驚くばかりです。

    ヨーグルトメーカーは他のメーカーからもいくつも発売されていますが、アイリスオーヤマの製品はとにかく性能と価格のバランスが良いのが特徴ですね。

    「IYM-014」も「IYM-013」も3,000円程度で買えるんですから、ありがたいことです。

    お気に入りのヨーグルトメーカーを買って、たくさんヨーグルトを作ってくださいねヽ(*´∀`)ノ