今回は、アックスヤマザキの子育てにもっといいミシンMM-30と、2020年に発売された子育てにちょうどいいミシンMM-10の違いを比較してみました。

MM-30はMM-10をベースに機能を拡張させたモデルで、パワーや縫い目の数などに大きな違いがあります。

その分サイズや重量も大きくなっているので、MM-10を持ち運びタイプと考えれば、MM-30は据え置きタイプと言えるでしょう。

MM-30には縫い目の数以外にも様々な便利機能が搭載されているので、MM-10ではちょっと物足りないかなという人に最適なミシンです^^

この記事をしっかり読んでもらえれば、子育てにもっといいミシンと子育てにちょうどいいミシンのどちらがあなたに向いているかがわかるようになっているので、ぜひ最後まで読んでいってくださいね(*・∀-)☆

▼ 子育てにもっといいミシン MM-30 ▼

▼ 子育てにちょうどいいミシン MM-10 ▼

子育てにもっといいミシンと子育てにちょうどいいミシンの違いを比較!

それでは早速、MM-30とMM-10の違いについてみていきましょう!

わたしが比較してここは重要だ!と思った部分をコメント付きで解説しています。細かい仕様の違いについては下の方にある比較表をご覧ください(´・∀・)ノ゚

サイズ・重量の違い

  • MM-30のサイズ:幅41.1cm×奥行17.8cm×高さ30.7cm 重さ:約5.4kg(本体のみ)
  • MM-10のサイズ:幅29.4cm×奥行11.5cm×高さ26.5cm 重さ:約2.1kg(本体のみ)
  • MM-30は機能が増えた分サイズも重さもアップしています!

    MM-10はとにかくコンパクトで本棚にもすっぽり入るようなサイズでしたが、MM-30はそこそこ大きいのでそんなわけにはいきません。重さも約2倍になっています。

    ▼ MM-10はとにかくコンパクト! ▼


    なので、MM-30を選ぶ場合はミシンを置くスペースを確保する必要がありそうです!

    縫い目のパターン数の違い

  • MM-30の縫い目のバターン数:200
  • MM-10の縫い目のパターン数:12
  • 機能面の最も大きな違いは、縫い目のパターン数の違いです。

    MM-10の15パターンに対し、MM-30は200パターン。これに関してはもう圧倒的な違いと言えるでしょう。


    MM-10は基本的に縫い方とボタンホールくらいでしたが、MM-30はそれらに加え装飾や文字も扱うことが可能になりました。

    単純に名入れする時に便利ですし、この機能を応用して刺繍を入れることもできます。

    MM-10の場合は刺繍キットを使っても手作業で刺繍を入れることになりますが、MM-30なら登録されているパターンであれば自動で刺繍を入れられるのです。これは超便利(●´艸`)

    また、この違いにともない縫い目の選び方もダイヤル式から液晶パネル式へと進化しています!

    パワーの違い

    MM-30は機能だけでなく、単純に縫う力も強くなっています!



    デニムの重ね縫いで比較すると、
  • MM-30:6枚
  • MM-10:4枚
  • くらいの違いがあります(´・∀・)ノ゚

    たった2枚の違い?と思うかもしれませんが、デニムは厚みがあるのでそれなりに違いがあります。

    デニムだけでなく厚みのある帆布なども使いたいと思っている人は、MM-30にしておいた方が楽に縫い進めることができると思いますよ^^

    電源の違い

    MM-10の特長として乾電池でも動かすことができるという点がありましたが、MM-30にこの機能はありません。必ずコードをコンセントさして使う必要があります。

    この点に関しては、MM-10の強みと言えるでしょう(●´Д`●)
  • MM-30:AC100V 36W 50/60Hz
  • MM-10:AC1AC100V 9W 50/60Hz アルカリ単3×4
  • もしあなたがこの電池駆動式に魅力を感じているのであれば、MM-10を選ぶことになります(´・∀・)ノ゚

    フットコントローラー(フットスイッチ)の有無

    MM-10にはフットコントローラー(フットスイッチ)が付属していますが、MM-30には付属していません。なので、MM-30を足で操作するには別売りのフットコントローラーを買い足す必要があります!

    ▼ フットコントローラー(フットスイッチ)付きはMM-10だけ! ▼


    ここは見逃しやすいポイントなので、十分ご注意くだいさい!

    MM-30とMM-10の違いの比較表

    その他の細かい仕様に違いについてはこちらの表にまとめているので、参考にしてくださいね!


    型番MM-10MM-30
    品名子育てにちょうどいいミシン子育てにもっといいミシン
    カラーブラックブラック
    サイズ幅:29.4cm
    奥行き:11.5cm
    高さ:26.5cm
    幅:41.1cm
    奥行き:17.8cm
    高さ:30.7cm
    重量約2.1kg約5.4kg
    縫い目パターン数15200
    機能LEDライト
    水平釜式
    フリーアーム
    LEDライト
    自動糸調子
    自動糸通し器
    自動ボタンホール
    ゆっくりスタート
    フリーアーム
    付属品スマホスタンド
    QRコードシール
    子育てにちょうどいいミシンレシピ
    針×1
    ボビン×1
    電源コード
    糸コマ押え
    針板ドライバー
    フットスイッチ
    糸通し器
    ボタンホール押え
    取扱説明書
    保証書
    スマホスタンド
    QRコードシール
    子育てにもっといいミシンレシピ
    針×3
    ボビン×3
    電源コード
    糸コマ押え
    針板ドライバー
    ドライバー
    ブラシ付きリッパー
    ボタンホール押え
    ファスナー押え
    サテン押え
    まつり縫い押え
    縁かがり押え
    取扱説明書
    保証書

    子育てにもっといいミシンと子育てにちょうどいいミシンはどちらがおすすめ?

    ここからは、MM-30とMM-10のどちらを購入すれば良いのかの判断基準についてまとめてみました。

    ざっくり言えば、MM-30はちょっと裁縫になれた人向け。MM-10はこれから裁縫を始めようと考えている初心者向けのミシンです。

    どちらも特長がはっきりしているので、以下を参考に判断してみてくださいね!

    子育てにもっといいミシンが向いている人


  • ある程度裁縫のスキルがある
  • 縫い目のパターンがたくさん欲しい
  • 刺繍を自動で簡単に入れたい
  • ミシンをそれほど移動させない
  • ミシンを置いておくスペースに余裕がある
  • 自動糸通しなどの便利機能は欲しい
  • MM-10の性能では物足りないと感じる
  • フットコントローラーは別売りでも良い
  • 子育てにちょうどいいミシンが向いている人


  • 裁縫にあまり慣れていない
  • 基本的なことさえできれば良い
  • とにかく安くミシンを購入したい
  • コンセントがないところでも使いたい(電池駆動)
  • いろんな場所に移動させたい
  • 収納スペースに余裕がない
  • MM-30ほどの性能は必要ないと感じる
  • フットコントローラーも本体と一緒に欲しい
  • 価格の安いサブのミシンを探している
  • MM-30もMM-10も公式ショップから送料無料で購入できます♪

    MM-30もMM-10もアックスヤマザキの楽天公式ショップから送料無料で購入することができます!

    アックスヤマザキはアフターケアにも力を入れているので、万が一初期不良などがあった場合でも安心です!

    ▼ 子育てにもっといいミシン MM-30 ▼

    ▼ 子育てにちょうどいいミシン MM-10 ▼

    まとめ

    以上、アックスヤマザキの子育てにもっといいミシンMM-30と子育てにちょうどいいミシンMM-10の違いの比較についてお届けしました。

    個人的な意見ですが、このシリーズはデザインが非常にグッドです♪

    子育てに特化しているのであればもっと柔らかい雰囲気にしそうなものですが、そこをあえて黒一色のクールな感じに仕上げいるところにセンスを感じます!

    MM-30のやMM-10のことをさらに詳しく知りたい人は、こちらの記事にそれぞれ詳しくまとめているので、ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね^^

    参考記事:子育てにもっといいミシンMM-30の口コミ・評判!裾上げや刺しゅうキットも調査!

    参考記事:子育てにちょうどいいミシンmm-10の口コミ・評判!音の大きさや裾上げ・刺繍についても!

    アックスヤマザキの子育てシリーズでステキな通園グッズを作ってくださいねヽ(*´∀`)ノ