この記事ではサンコーのネッククーラーProとEvoの違いを比較し、どちらがおすすめなのかについてまとめてみました。

ネッククーラーProは主に現場仕事など過酷な状況での使用を想定して作られたモデルで、ネッククーラーEvoは普段使いからお仕事までオールラウンドに使えるよう設計されたモデルです。

では、このProとEvo。一体どちらがおすすめなのでしょうか?

結論からお伝えすると、個人的な意見ではありますが、わたしは断然Evoの方をおすすめします。その理由は後ほどお伝えしますね!

※ 実際にわたしはEvoのバッテリー同梱モデルのブラックを購入しました^^

さて、サンコーのネッククーラーProとEvoの違いを細かく比較してみた結果、わたしが重要だと思うのは以下の3つでした(´・∀・)ノ゚
  • 連続使用時間の違い
  • バッテリーの違い
  • 選べるモードの違い
  • 細かいことを言えばもっともっとたくさん違いはあるのですが、それらについては本文でお伝えしているので、最後までチェックしてみてくださいね(*・∀-)☆

    ▼ サンコーネッククーラーPro ▼
    created by Rinker
    THANKO
    ¥3,000 (2021/09/24 02:58:23時点 Amazon調べ-詳細)

    ▼ サンコーネッククーラーEvo ▼


    サンコーネッククーラーProとEvoの違いを比較

    それでは早速、サンコーネッククーラーProとEvoの違いについてみていきましょう!

    ここでは先程お伝えした3つの違いをメインに解説していきます。その他の小さな違いについては、最後の比較表をご覧ください(´・∀・)ノ゚

    選べるモードの違い

    まず1つ目は選べるモードの違いです!
  • ネッククーラーPro … 強モード / 弱モード
  • ネッククーラーEvo …強モード / 弱モード / ゆらぎモード
  • Proは強モードと弱モードのみを搭載していますが、Evoの方にはさらに「ゆらぎモード」が搭載されています。



    ゆらぎモードは弱~強を一定の間隔で繰り返すモードなんですが、こうすることでプレートのひんやり感を持続的に感じることができるようになります。

    不思議なこと人間は同じ温度が続くと慣れてしまって冷たいと感じなくなってしまうんです。ゆらぎモードは温度を変化させることによってこの慣れを防いでくれるわけですね^^

    なので、長時間つけていても何度もひんやり感を味わうことができます!

    もちろんひんやり感がなくてもちゃんと首筋の温度は下がっているんですが、やっぱり感覚的に冷たいと感じられるのは大きなメリットです♪

    連続使用時間の違い

    2つめは連続使用時間の違いです!
  • ネッククーラーPro … 強:約62分(1時間) / 弱:約105分(1時間20分)
  • ネッククーラーEvo … 強:約90分(1.5時間) / 弱:約120分(2時間)/ ゆらぎ:約150~180分(体感)
  • Proは炎天下の作業中での使用を想定しているわりには、連続使用時間は強モードだとたった1時間程度しか持ちません。

    これはさすがに短すぎるのはないでしょうか。たしかに温度はProの方が低くなりますが、1時間しか使えないのはちょっと微妙かと…。

    モバイルバッテリーを接続しながらの使用であれば連続使用時間は伸びますが、そうなるとせっかくバッテリーを内蔵タイプにした意味が半減してしまいます。

    しかもProはモバイルバッテリーを接続しながらの動作は弱モード限定になってしまう仕様なんです。仕事中に使うのを考えると、どうにもピンとこない気がします。

    一方Evoの方は、強モード・弱モードともにProよりも20分程度長く使用することができます。



    そしてここでも登場するのがゆらぎモード。ゆらぎモードはひんやり感だけでなくバッテリー節約的にも非常に良い働きをします。

    ゆらぎモードにするだけで冷たさを感じながら連続で2時間以上使うことができるようになるのです。

    実際にわたしも毎日炎天下の中で使用していますが、ゆらぎモードだと2時間半~3時間くらいはバッテリー切れにならずに使えていますよ!

    バッテリーの違い

    3つ目はバッテリーそのものの違いについて。

    ProもEvoもモバイルバッテリーなしで使用できるモデルですが、本体を動かすためのバッテリーに大きな違いがあります。
  • ネッククーラーPro … バッテリー内蔵タイプ
  • ネッククーラーEvo … 専用バッテリー(取り外し可能)
  • Proの方はバッテリーを本体の中に内蔵しているタイプなので、バッテリーのみを取り外すことができません。

    一方、Evoは専用のバッテリーを本体にカチッと装着する仕様となっています。



    別にどっちでも良いんじゃないの?と思うかもしれませんが、実はここはわりと重要なポイントだったりします。

    というのも、バッテリーを取り外すことができるということは、バッテリーをもうひとつ持っていれば連続使用時間が2倍に伸びるということです。

    まぁ当たり前の話なんですが、できるとできないのでは大きな違いです。

    Proはバッテリーがなくなった場合、モバイルバッテリーを使わないのであればいちいち充電しないといけません。これは非常に手間です。

    わたしのようにどうしてもモバイルバッテリーをつなぐのが嫌(ケーブルがうっとうしい)という人にとっては、バッテリーを交換しながら使うのはなかなかおすすめなやり方だと思います。

    Evo専用のバッテリーは単体でも販売されているので、ケーブルなしで長時間使いたいという人は覚えておいて損はないでしょう♪

    ▼ Evo専用バッテリー ▼

    ネッククーラーProとEvoの違い比較表

    細かい違いについてはこちらの比較表をどうぞ(´・∀・)ノ゚

    ▼ ネッククーラーPro ▼

    ▼ ネッククーラーEvo ▼

    商品名ネッククーラーProネッククーラーEvo
    サイズ最小:幅140mm×高さ142mm×厚み35mm
    最大:幅150mm×高さ145mm×厚み35mm
    最小:幅130mm×高さ110mm×厚み37mm
    最大:幅170mm×高さ180mm×厚み37mm
    重量約223g約200g(本体+専用バッテリー)
    首回りサイズ最小:約32cm
    最大:50cm
    最小:約37cm
    最大:約50cm
    電源内蔵バッテリー:3.7V/1800mAh/リチウムイオン専用バッテリー:3.7V / 2000mAh / リチウムイオン
    防水性能IPX5IP33
    冷却性能【内蔵バッテリー使用時】

    弱:外気温より-11℃
    強:外気温より-17℃

    【モバイルバッテリー使用時】

    弱モード:外気温より-11℃
    【専用バッテリー使用時】

    強モード:外気温より-8.5~-13℃
    弱モード:外気温より-4~-8.5℃

    【モバイルバッテリー使用時】

    強モード:外気温より-10~-15℃
    弱モード:外気温より-5~-10℃
    モード


    ゆらぎ
    連続駆動時間強:約62分(1時間) 弱:約105分(1時間20分)強:約90分(1.5時間)
    弱:約120分(2時間)
    ゆらぎ:約150~180分(体感)
    充電時間約140分約240分
    セット内容本体
    microUSBケーブル
    ストラップ
    日本語説明書
    本体
    専用バッテリー×1
    サイズ調整パーツ2種
    USB Type-Cケーブル
    日本語説明書
    保証期間購入日より12カ月購入日より12カ月

    サンコーネッククーラーProとEvoはどっちがおすすめ?

    冒頭でもお伝えした通り、個人的にはサンコーのネッククーラーはEvoがおすすめです!

    とは言え、Proも決してダメというわけではありません。ここではそのあたりについてまとめておこうかと思います!

    サンコーネッククーラーProがおすすめな人

    少しでも温度が低い方が良い

    違いのところではあえて大きく触れませんでしたが、ProとEvoではプレートの温度に違いがあります。

    この点に関してはProの方が勝っていて、強モードだと外気温より-17℃を実現しています。

    ちなみに、Proの弱モード(外気温から-11℃)はEvoの強モードの範疇(外気温より-8.5~-13℃)に入ります。



    ただし、Evoの方もモバイルバッテリーをつないで使うのであれば、強モードで-10℃~-15℃まで冷たくすることが可能です。

    ちなみに、表のところで補足として書いていますが、Proの方はモバイルバッテリーにつないで使うと弱モードでしか動きません。

    ここはProとEvoでは逆になっているので注意が必要です。

    連続使用時間はともかく、本体のみの動作で少しでも温度を低くしたいのであればProの方がおすすめかもしれません。

    使うのが短時間

    繰り返しになりますが、Proは連続使用時間が強モードで約1時間、弱モードで約1時間20分ほどしかバッテリーが持ちません。ここが最大の弱点だと思います。

    ただし、一回に使うのが短時間と決まっているのであればそのデメリットはそれほど問題になりません。

    ちょっとコンビニに行くとか車を止めている駐車場までの間とか、そういうスポット的な使い方を考えているのであればProは強い味方となってくれるでしょう。

    USBコードが嫌じゃない

    これも連続使用時間についてですが、モバイルバッテリーをつないで使うのが全く苦にならないのであれば、Proの評価はまた少し違うものになってくるかと思います。



    わたしはコードがつながっているという状態がうっとうしいのでダメなんですが、それがOKであれば連続使用時間はいくらでも伸ばすことができます。

    容量の多いモバイルバッテリーをいくつか持っていれば良いだけなので^^

    なので、コードがつながっていても全然良いよ!という人に限っては、逆にProの方がおすすめになるかもしれませんね!


    ということで、ちょっとProの方もフォローしてみましたが、やはりわたしはEvo推しです。

    上の条件に当てはまっていないのであれば、断然Evoをおすすめいたします!

    ネッククーラーEvoの口コミやレビュー、特徴についてはこちらの記事で詳しくまとめているので、合わせてチェックしてみてくださいね^^

    サンコーネッククーラーEvoの口コミ評判をレビュー!使い方やモバイルバッテリーも調査!

    サンコーネッククーラーProとEvoの違いの比較についてのまとめ

    以上、サンコーネッククーラーProとEvoの違いの比較についてお届けしました!

    細かく比較するとたくさん違いはありましたが、全体としてバランスが良いのはEvoだとわたしは思います。

    実際にわたしもEvo(バッテリー同梱モデル)のブラックを使っていますが、仕事中でもかなり活躍してくれています^^

    個人的な感想ですが、つけている時よりも、つけ忘れて外に出てしまった時にはその威力を実感できました。

    疲労感が全然違うんですよ、ほんとに。

    ちなみにわたしは、これプラス「マスクファン」も装備してたりします^^

    とりあえず、ProとEvoで迷ったらEvoを選んでおけば間違いないというのがわたしの意見です((*´∀`))

    ▼ サンコーネッククーラーPro ▼
    created by Rinker
    THANKO
    ¥3,000 (2021/09/24 02:58:23時点 Amazon調べ-詳細)

    ▼ サンコーネッククーラーEvo ▼