この記事では、シャープのプラズマクラスタードライヤーIB-NP7とIB-NP9の違いを比較し、わたしなりの見解を交えながら解説しています!

まず大前提として、IB-NP7はIB-NP9の機能を限定した廉価版だということ。なので、基本的にIB-NP9の方が優れているモデルとなります。

で、具体的にどこが違うのかと言いますと、
  • IB-NP9には運転モードがたくさんある(特にBEAUTYモード)
  • IB-NP9は2色展開だけど、IB-NP7は1色のみ
  • いろいろできる分IB-NP9の方が約50g重い(本体)
  • IB-NP9にはスピードノズル(乾燥速度を上げるパーツ)が付属
  • みたいな違いがあります(´・∀・)ノ゚

    この違いにともない、値段もIB-NP9の方が約5000円くらい高い価格設定となっています。

    ちなみに、IB-NP7とIB-NP9どちらのモデルにもプラズマクラスターは搭載されているので、その点に関してはどちらのモデルを選んでも違いはありません!

    多少値段が高くても機能が多い方が良い人はIB-NP9を、機能は最低限でも良いからちょっとでも安くプラズマクラスタードライヤーを使いたい人はIB-NP7を選ぶような感じでしょうか。

    記事本文では、IB-NP7とIB-NP9の違いについてさらに詳しくお伝えしているので、「公式サイト読んでもがよくわからん!」ってなってる人はじっくり比較してみてくださいね(*・∀-)☆

    ▼ IB-NP9 キャメルピンク▼

    ▼ IB-NP9 コズミックパープル▼

    ▼ IB-NP7 シェルホワイト▼

    シャーププラズマクラスタードライヤーIB-NP7とIB-NP9の違いを比較

    それでは早速、IB-NP7とIB-NP9の違いについて詳しくみていきましょう!

    IB-NP9にはたくさんの運転モードが搭載されている

    上位モデルであるIB-NP9には、IB-NP7にはない運転モードが搭載されています。

    IB-NP7の場合は、一般的なドライヤーと同じように3段階の運転メニュー(風量&温度固定)を切り替えられるだけなんですが、IB-NP9はさらに細かく設定できる仕様になっているんですね!

    もう少し詳しく書くと、IB-NP7の場合は風量と温度の設定は運転メニューによって決まっていますが、IB-NP9は風量と温度を別々に設定できるということです。


    ※ 画像をクリックすると楽天市場に移動します!

    「メニュー」「モード」と呼び方が違うのでちょっと迷いますが、そこはあまり気にしないでくださいね。

    【IB-NP7:運転メニュー】
  • TURBO:強(温度が高くて強い風)
  • SET:中(温度は低めで穏やかな風)
  • COLD:冷風
  • 【IB-NP9:運転モード(温度設定)】
  • TURBOHOT:強(約95℃)
  • TURBOWARM:中(約75℃)
  • TURBOSCALP:弱(約50℃)
  • TURBOCOLD:冷
  • ※ 下にいくほど髪に与えるダメージは少くなると考えてOKです。

    これとは別に風量設定があります!
  • TURBO:強
  • DRY:中
  • SET:弱
  • さらに、IB-NP9には「BEAUTYモード」というものが搭載されていて、温風と冷風を自動で交互に切り替えながら運転することも可能です。


    ※ 画像をクリックすると楽天市場に移動します!

    こうすると、キューティクルが引き締まって髪に良いそうですよ^^


    ※ 画像をクリックすると楽天市場に移動します!

    さらにさらに詳しく書くと、このBEAUTYモードにも2種類あって、周りの温度を感知しながら最適な温度を自動で設定してくれるタイプと周りの温度は無視して温風と冷風を切り替えるタイプがあります。

    さぁ、いよいよわけわからなくなってきたのではないかと思います。大丈夫ですよ、慣れてしまえば簡単ですので♪

    要するに、IB-NP9の方があなたの髪に合わせたより細かいケアができるということです。

    とりあえず、IB-NP9は温度と風量を別々に設定できるモデルと覚えておけば、大体OKです。

    操作性の違いについて

    このようにIB-NP7とIB-NP9では設定できる部分に違いがあるので、操作性にも少し影響があります。

    IB-NP7は3段階しかないスイッチをパチパチっと動かすだけでOKなんですが、IB-NP9は風量と温度を別々に設定しなければなりません。

    つまり、使い始めるまでにひとつ手順が増えることになります。細かい設定をせずにちゃちゃっと使い始めた人にとってはちょっと面倒くさいかもしれません。

    それから、IB-NP9には風量切り替えスイッチの上に「COLDボタン」が配置されています。


    ※ 画像をクリックすると楽天市場に移動します!

    その名の通り押すと冷風が出るわけですが、これはおそらく先程お伝えしたBEAUTYモードを自分のタイミングでやりたい人のために作られたものではないかと勝手に思っています。

    運転モードにもCOLD設定があるのですが、わざわざ切り替えるのが面倒な人のためのショートカット的な存在と捉えて問題ないとわたしは理解しました。

    とまぁ、こんな感じでIB-NP9の方が操作性についてはちょっとだけ手間がかかります。

    その点、機能は限られますがIB-NP7は非常にシンプルですね!

    IB-NP9は2色展開でIB-NP7は1色のみ

    ここは見たまんま、カラーバリエーションの違いです!

    IB-NP9はいつものように2色展開で、
  • キャメルピンク
  • コズミックパープル
  • から選ぶことができます!

    ▼ IB-NP9 キャメルピンク▼

    ▼ IB-NP9 コズミックパープル▼

    一方、IB-NP7はシンプルに
  • シェルホワイト
  • 一択になります(´・∀・)ノ゚

    ▼ IB-NP7 シェルホワイト▼

    なんか、分かりやすい色分けだなぁ〜と感じるのはわたしだけでしょうか。

    明らかにIB-NP9の方が高級感が漂いまくっています。IB-NP7のホワイトからは、廉価版らしさが感じとれますね。ホワイトの方が安く上がるんでしょうか。

    余談ですが、コズミックパープルのコズミックは「宇宙的」という意味だそうです。そんなことを調べていると、なんだかコズミックパープルが素敵に見えてきました(●´艸`)

    IB-NP9の方が約50g重い

    IB-NP7と比較するとIB-NP9の方が約50g重くなっています。
  • IB-NP9:約580g
  • IB-NP7:約535g
  • 50gって言われてもピンとこない人のために野菜で表すと、大体きゅうり半分くらいの重さになります(余計わからんか)。

    機能が増えてる分ちょっと重くなったんでしょうね。

    まぁ、ほとんど影響ないくらいの違いです。誤差みたいなもんです^^

    IB-NP9にはスピードノズルがついてくる

    地味なんですが、見落としてはいけないのが付属品の違いです!

    IB-NP9には乾燥時間を約20%も短縮させることができる「スピードノズル」というものが付属品としてついてきます(ミディアムヘアの場合は4%短縮)。


    ※ 画像をクリックすると楽天市場に移動します!

    一方、IB-NP7にはセット用ノズルしか付属していません。

    例えば、あなたがロングヘアで髪を乾かすのにいつも20分くらいかかっているとしましょう。

    その場合の20%とは約4分。つまり、20分かかるところが16分で乾燥できるということですヽ(`Д´)ノ≡3

    この4分をどう考えるかはあなた次第ですが、朝の4分は貴重です。トースト焼けます

    ちなみに、このスピードノズルは単体でも販売されています。B-NP7を買ってしまった後でも追加することは可能ですのでご安心ください。


    IB-NP7の方が約5000円くらい安い

    この記事執筆している2022年5月17日現在での話ですが、IB-NP9とIB-NP7の価格を比較すると、IB-NP7の方が約5000円程度安くなっています。

    もともとこれくらいの価格差があるので、バランスは大きく変化していませんね。

    ただ、楽天市場の場合は同じモデルでもショップによって微妙に価格差があるので、購入する場合は必ず価格をチェックしてからポチるようにしましょう!

    人気で在庫が品薄だからと言って、プレミア価格をつけているようなショップには注意してくださいね(`・ω・´)ノ

    IB-NP9の方が温風の温度が約20℃高い?

    これ、ちょっと確信が持てないので補足としてのせておきますね。

    公式サイトの仕様表を比較すると、IB-NP9の温風温度がIB-NP7と比較すると約20℃高く表記されています。
  • IB-NP9:約115℃(ホット/ドライ運転時 室温30℃)
  • IB-NP9:約95℃(ターボ運転時 室温30℃)
  • なんですが、説明書の方にはどちらも約95℃となっているんですね(´Д`。)

    消費電力も一緒なので、一方だけが高い温度になるのはちょっとよくわかりません。

    表記ミスの可能性もあるので、参考程度に読んでもらえればと思います。

    IB-NP9とIB-NP7の仕様比較表

    ここでは、IB-NP9とIB-NP7の仕様の違いについてまとめておきますね!

    細かい数値などはこちらの表を参考にしてください^^

    型番IB-NP9IB-NP7
    プラズマクラスター
    カラーキャメルピンク
    コズミックパープル
    シェルホワイト
    サイズ高さ:209cm
    幅:84cm
    奥行:24.3cm
    高さ:209cm
    幅:84cm
    奥行:24.3cm
    重量(本体のみ)約580g約535g
    電源AC100V 50Hz-60HzAC100V 50Hz-60Hz
    消費電力1,200W1,200W
    運転モード(運転メニュー)HOT
    WARM
    SCALP
    COLD
    BEAUTY
    TURBO
    SET
    COLD
    風量約1.8m3/分約1.8m3/分
    温風温度約115℃(説明書では95℃)約95℃
    電源コードの長さ約1.7m約1.7m
    付属品スピードノズル
    セット用ノズル
    ユニット清掃ブラシ
    取扱説明書
    セット用ノズル
    ユニット清掃ブラシ
    取扱説明書

    こうして比較してみると、結構違うところがありますね。

    5000円くらいの差なら上位モデルのIB-NP9の方が良いかなとわたしは思っちゃいます♪

    IB-NP7とIB-NP9ではどっちがおすすめなのか?

    ざっくりとですがIB-NP7とIB-NP9の違いがわかったところで、あなたにとってどちらがおすすめなのかについてまとめていこうと思います!

    IB-NP7がおすすめな人

  • 基本機能だけで十分
  • 操作が簡単な方が良い
  • 1gでも軽い方が良い
  • 乾燥時間はあまり気にならない(スピードノズルは不要)
  • カラーはホワイトで問題ない
  • アンダー2万円で購入したい
  • ▼ IB-NP7 シェルホワイト▼

    IB-NP9がおすすめな人

  • 髪へのダメージをできるだけ小さくしたい
  • いろんな運転モードを試してみたい
  • 特に「BEAUTYモード」に魅力を感じる
  • 乾燥時間を短くしたい(スピードノズルが欲しい)
  • 高級感のあるカラーが好み
  • 予算には多少余裕がある
  • ▼ IB-NP9 キャメルピンク▼

    ▼ IB-NP9 コズミックパープル▼

    冒頭でもお伝えしましたが、シャープドライヤーの特徴であるプラズマクラスターはどちらのモデルにも搭載されています。

    なので、判断材料で重要になってくるのは…
  • 運転モードの違い
  • スピードノズルの有無
  • 価格の違い
  • この3点だとわたしは思います(´・∀・)ノ゚

    もし本体カラーに強いこだわりがある場合は、これも判断材料に加わるかと。

    それでも判断できない場合は、IB-NP9最大の特徴である「BEAUTYモード」が魅力的に感じるかどうかで判断するのもアリだとわたしは思います。

    考えすぎるとわからなくなってきますからね^^

    シャーププラズマクラスタードライヤーIB-NP7とIB-NP9の共通点

    ここからは、IB-NP7とIB-NP9の共通している機能や特徴などについて簡単にお伝えしていきます!

    プラズマクラスターで美髪効果をプラス


    ※ 画像をクリックすると楽天市場に移動します!

    まず何をおいてもこれ、プラズマクラスター。

    すでにご存じかも知れませんが、プラズマクラスターが発生させるイオンは、あなたの髪にとって様々なメリットをもたらします!

    具体的には、
  • 保湿効果を高め髪の乾燥を防ぐ
  • 髪のキューティクルを引き締める
  • 髪の弾力性がアップさせる
  • 寝癖を直しやすくさせる
  • 静電気によるダメージを抑制する
  • 髪をツヤツヤにする
  • ヘアカラーを長持ちさせる
  • 紫外線のダメージを軽減させる
  • みたいなことをさらっとやってのけてくれるのですヽ(゚Д゚*)ノ

    要するに、髪を乾かすだけではなく、髪が傷みにくい状態(ダメージを受けにくい状態)を作ってくれるわけです♪

    大量の風で早く乾き熱ダメージを低減


    ※ 画像をクリックすると楽天市場に移動します!

    もうひとつの特徴としては、IB-NP7とIB-NP9はどちらも風の量がかなり多いということです!

    本体内にしこまれた、「アマツバメファン」がハイスピードな風を生み出すのです!
  • 1分あたりの風量:約1.8m3(ターボ運転時)
  • こんな数値を見てもなんのこっちゃとなるかもしれませんが、一般的に1.6m3でも大風量とか言われる感じなので、それのさらに上を行く風量となっています。

    風が多いと何が良いのかというと、風の温度をあんまり高くしなくても髪を素早く乾かすことができるわけです。


    ※ 画像をクリックすると楽天市場に移動します!

    となると、ドライヤーのデメリットである熱ダメージを軽減させることができますね!

    全体的なフォルムやデザインはほぼ一緒

    最後に見た目の話ですが、IB-NP7とIB-NP9の外観・フォルムは基本的に同じです。

    違うのは持ち手あたりだけですね。

    機能が多い分IB-NP9の方にちょこちょこついていますが、見た目に大きな影響を与えるようなものでもありません。

    カラーは違いますが、それ以外の印象はほとんど変わらないと考えてOKです♪

    ▼ IB-NP9 キャメルピンク▼

    ▼ IB-NP9 コズミックパープル▼

    ▼ IB-NP7 シェルホワイト▼

    IB-NP9と同じ性能のドライヤーを安く手に入れる方法

    個人的な提案なんですが、型落ちでも問題なければIB-NP9のひとつ前のモデルである「IB-MP9」を狙うのもアリだと思います。

    というのも、IB-NP9とIB-MP9はカラー以外に違うところがありません(わたしの調べた限りでは)。

    プラズマクラスターを搭載していて、運転モード(BEAUTYモード)も風量もデザインまで同じなのです。

    それでいて、なんと価格が10000円近く下がっています(2022年5月17日時点)。

    実はかなり前にIB-NP9とIB-MP9の比較記事を書いたことがあって、今回それを思いだして久しぶりに見てみたら、めっちゃ価格が下がっていましたヽ(゚Д゚*)ノ

    ▼ ひとつ前のモデル IB-MP9 ピンクゴールド▼

    ▼ ひとつ前のモデル IB-MP9 エクリュホワイト▼

    ショップによっては値段が違うのでもっと高いところもありますが、カラーさえ問題なければどう考えてもIB-MP9を選ぶのがお得なんですよねー。

    良ければIB-NP9とIB-MP9の比較記事もチェックしてもらって、候補のひとつに加えてもらえると嬉しいです!

    あ、もちろん在庫がある限りの話なので、いつまでも買えるというわけではありません。あしからず。

    参考:IB-NP9とIB-MP9の違いの比較記事

    シャーププラズマクラスタードライヤーIB-NP7とIB-NP9 違いの比較まとめ

    以上、シャープのプラズマクラスタードライヤーIB-NP7とIB-NP9の違いについてお届けしました!

    IB-NP7とIB-NP9の違いをざっくりまとめると、
  • IB-NP9には運転モードがたくさんある(特にBEAUTYモード)
  • IB-NP9は2色展開だけど、IB-NP7は1色のみ
  • いろいろできる分IB-NP9の方が約50g重い(本体)
  • IB-NP9にはスピードノズル(乾燥速度を上げるパーツ)が付属
  • ということになります(´・∀・)ノ゚

    で、この違いの分だけIB-NP9の方が5000円くらい高くなっています。

    プラズマクラスターや風量の多さについてはどちらもモデルでも変わりありませんので、それ以外のところを判断材料にしてくださいね。

    とりあえず、
  • IB-NP9:予算に余裕があって、多彩な運転モード(BEAUTYモード)に魅力を感じる人
  • IB-NP7:基本的な機能があれば十分で、とりあえず安く購入したい人
  • こんな感じで考えておくと良いかもしれませんね!

    ちょっと長くなってしまいましたが、ドライヤー選びの参考にしてもらえると嬉しいですヽ(*´∀`)ノ

    ▼ IB-NP9 キャメルピンク▼

    ▼ IB-NP9 コズミックパープル▼

    ▼ IB-NP7 シェルホワイト▼