今回は、山善の電気ケトルYKG-C800の口コミや評価をメインに、保温性能や電気代、洗い方などのお手入れ方法についておまとめしました。

まず山善の電気ケトルYKG-C800の特徴をざっくり紹介しますね!
  • ハンドドリップに最適な極細の注ぎ口

  • ※ 画像をクリックすると楽天市場に移動します!

  • カフェにありそうな洗練されたデザイン
  • ワンタッチ操作で好みの温度まで沸騰
  • タッチスイッチで1℃単位の設定が可能(60℃~1000℃)
  • 沸騰後は最大1時間まで保温可能
  • 洗いやすいのでお手入れも簡単
  • これだけ良いところが揃っていて価格が6,000円~7,000円程度とかなりリーズナブル。口コミの評価も高く、実際に使っている人もかなり満足している様子です。

    あと、電気ケトルで気になる電気代ですが、実際に計算してみれば別に負担になるような額ではありませんでした。記事後半では具体的な金額を出してますので、参考にしてくださいね!

    それでは早速、口コミの評価から見ていきましょう(*・∀-)☆


    ↓↓↓ Amzon・Yahooショッピングはこちらからどうぞ♪ ↓↓↓
    山善 電気ケトル 電気ポット 0.8L 温度設定機能 保温機能 空焚き防止機能 ブラック YKG-C800-E B

    山善の電気ケトルYKG-C800の口コミ・評価をざっくりおまとめ!


    山善の電気ケトルYKG-C800の口コミを確認してみたところ、
  • デザイン
  • サイズ
  • 温度調節機能
  • 細い注ぎ口
  • 手頃な価格
  • などの部分が高く評価されていました^^

    一方、マイナスポイントとして目についたのは、
  • 容量が少ない
  • お知らせ音が小さい
  • といった部分でした。

    この商品のコンセプト通り、細い注ぎ口温度を設定できる部分が高く評価されている印象です。

    もちろん、バルミューダのケトルに似ているデザインもウケています。どちらかと言えばわたしはYKG-C800の方がシュッとしていて好きです。

    個人的な話になるんですが、わたし実は日本茶インストラクターなんです。

    で、日本茶を美味しく淹れるのってお湯の温度がめちゃくちゃ重要で、温度が変わるだけでお茶の味は激変します。


    ※ 画像をクリックすると楽天市場に移動します!

    このあたりを語りだすと長いので割愛しますが、そういう点から見るとこの温度設定機能はかなり便利です。お湯を冷ます手間が省けるので。

    YKG-C800は見た目だけではなく、機能面でもかなり優れているコスパの良い電気ケトルと言えます。口コミで人気なのもうなずけます(●´艸`)

    実際の口コミ・レビューについてはこちらからチェックしてみてくださいね^^

    Check!楽天市場:みんなのレビュー(YKG-C800)

    山善の電気ケトルYKG-C800の保温時間はどれくらい?


    YKG-C800には保温機能がついていて、最大1時間まで設定した温度で保温することができます。

    沸騰と同じく保温操作も簡単で、保温ボタンをピッと押すだけで保温設定完了です。

    保温温度の低下についてですが、97℃~100℃で保温設定した場合大体96℃くらいの温度で保温されます。

    保温設定した状態でそのまま1時間経過すると保温設定は自動的に解除されます。

    ちなみに、保温をしている状態で設定などを変更した場合は、変更した時点からまた1時間をカウントする仕様となっています。

    保温を持続したい場合は、1時間たつ前にちょこっと設定を操作するのもアリですね(*´ε` *)

    山善の電気ケトルYKG-C800の洗い方やお手入れ方法は?


    YKG-C800のお手入れ方法はパーツによって扱いが違うので、各パーツのお手入れ方法は事前にチェックしておくことをおすすめします。

    詳しくは説明書を読んでもらえばわかりますが、ここでも簡単に紹介しておきますね!

    本体の洗い方

    内部のお手入れ

    本体内部の洗い方は一般的な電気ケトルと同じです。ケトルの中に少量の水を入れ、柔らかいスポンジで洗います。基本的に中性洗剤は使わず水だけでOK。

    ケトル内部には温度センサーがあるので、このセンサーに強い力を加えないよう注意してください。

    白くこびりつくような汚れが出てきた場合は、「クエン酸」などを使ってお掃除するとキレイになります。もちろん市販の洗浄剤を使っても大丈夫です。

    外部のお手入れ

    本体の外側は清潔な布巾で水滴や汚れを拭き取る程度のお手入れで十分です。丸洗いには対応していないので、直接水道の水をかけたりしないように注意しましょう。

    フタのお手入れ

    フタを丸洗いOKです。中性洗剤と柔らかいスポンジで洗ってあげましょう。

    電源プレート

    本体を置く電源プレートのお手入れは、本体の外側と同じように清潔なふきんで水滴や汚れを拭き取る程度で十分。

    電源プレートは中に細かい部品がたくさんつまっているので、間違っても丸洗いなどはしないようにしましょう。内部に水が入ると故障の原因になります。

    山善の電気ケトルYKG-C800の電気代はどれくらい?


    YKG-C800の電気代を消費電力をもとに計算してみました。

    電気料金を全国平均の26.12円で計算した場合、1時間の使用にかかる電気代はそのまま約26円でした。

    YKG-C800は沸騰させるのに約5分かかるので、一日6回使ったとして使用時間は30分。先程の金額が1時間のものだったので、その半分で約13円かかる計算となります。

    電気ケトルは消費電力が大きいといっても、一回の使用時間が短いので電気代もしれています。

    毎日使ったとしても、13円✕30日で1カ月390円の電気代しかかかりません。

    ※ あくまでも単純な計算上の電気代です。ご参考までに!

    この金額をどう捉えるかはその人次第ですが、少なくともわたしは全然気にならない額だと思います♪

    山善の電気ケトルYKG-C800のサイズや仕様を見やすくおまとめ!


    ここまでで大まかな特徴や気になる点についてはご理解いただけたかと思います。

    残りの大きさや重さなどは下記の表にまとめておきましたので、参考にしてみてくださいね(´・∀・)ノ゚

      
    消費電力1000W
    サイズ幅:285mm×奥行:190mm×高さ:240mm
    重さ980g(本体・プレート込)
    コードの長さ0.9m
    容量約800mL
    温度設定の範囲60℃~100℃
    安全装置温度ヒューズ・電流ヒューズ

    山善の電気ケトルYKG-C800を送料無料で購入しよう!

    YKG-C800はショップによってかなり値段に差があるので、どこで買うのが良いか迷ってしまいがちです。

    この商品で一番売れているのは山善の公式ショップである「くらしのeショップ」、執筆時点での最安値はホワイトが「コジマ」、ブラックが「ヤマダ」などの有名家電量販店が運営しているショップです。

    迷った場合はこの中のショップから選べば良いでしょう(´・∀・)ノ゚

    ちなみに、わたしが購入する時に一番重視しているのはレビュー件数評価内容

    なので、わたしが購入するなら「くらしのeショップ」を選びます。特に今回は、自分の会社の製品なので、万が一の時の対処も安心して任せられます。

    ↓↓↓ くらしのeショップはこちら♪ ↓↓↓

    ↓↓↓ 楽天で最安値のショップは探すならこちら♪ ↓↓↓

    ↓↓↓ Amzon・Yahooショッピングはこちらからどうぞ♪ ↓↓↓
    山善 電気ケトル 電気ポット 0.8L 温度設定機能 保温機能 空焚き防止機能 ブラック YKG-C800-E B

    ひとこと。

    「コスパ」という言葉が大好きなわたしにとって、山善の電気ケトルYKG-C800はかなりツボる商品です。

    この価格でこれだけの機能を備えており、しかも見た目までバルミュ…ゲフン!、素敵なんですから言うことありません。

    電気ケトルを買い替えようかしら…と思ったら、ぜひ山善のYKG-C800を選択肢に入れてみてくださいね(*・∀-)☆