今回は、山善の電気フライヤー揚げ物の達人YAC-121YAD-F800の違いの比較をメインに、YAD-F800の口コミや評価についてもまとめてみました!

YAC-121とYAD-F800の大きな違いは、
  • YAC-121は長方形でYAD-F800はほぼ正方形
  • YAD-F800はフタを閉めながら調理できる
  • YAC-121には串揚げ用の串ホルダーがついている
  • の3点だとわたしは思います!

    他にも全体的なデザインだったり、消費電力だったりと違うところはいくつもありますが、どちらを買うかで迷った場合は上記の3つを基準に選んでみてはいかがでしょうか。

    どちらも口コミでの評価は上々なので、どちらを買っても損をするということはないでしょう。

    ちなみに人気があるのはYAC-121の方。YAD-F800はちょっと業務用的な雰囲気がありますが、YAC-121は家庭用っぽい製品となっています。

    このふたつの細かい違いについては、本文で詳しく比較しているので、ぜひ最後まで読んでいってくださいね(*・∀-)☆

    created by Rinker
    ¥6,480 (2021/06/21 22:08:37時点 楽天市場調べ-詳細)

    created by Rinker
    ¥5,990 (2021/06/21 23:04:23時点 楽天市場調べ-詳細)

    山善の電気フライヤーYAC-121とYAD-F800の違いを比較解説!


    それでは早速、YAC-121とYAD-F800の違いを比較していきましょう!

    フタの役割の違い

    先程お伝えした通り、YAD-F800はフタを閉めながら調理することが可能です。言うまでもなく油が外に跳ねるのを防げるので、テーブルを油で汚す心配がありません。

    一方、YAC-121にもフタはついているのですが、こちらはフタを裏返して油切り網として使う仕様となっています。



    YAD-F800のようにフタに小窓がついているわけではないので、基本的に使用中はフタを外して使うことになります。

    形・サイズ・重さの違い

    YAC-121とYAD-F800は型に大きな違いがあります。

    YAC-121が長方形でYAD-F800がほぼ正方形。どっちでも良いように思う人もいるかもしれませんが、わたしはこの違いはかなり大きいと思っています。

    その理由はふたつ。テーブルで使う時の使いやすさ置けるスペースの違いです。

    まずテーブルで使う時の使いやすさについて。

    YAC-121が長方形をしているのは、テーブルを挟んで両側の人が使いやすいようにとの配慮ではないかとわたしは感じました。

    YAD-F800のようにほぼ正方形だと、テーブルの中央に置いた場合、テーブルの端から少し距離ができてしまいますよね。となると、ちょっと使いにくいと思うんですよ。

    その点、形が長方形なら向きを変えればテーブルの端からの距離が短くなり、テーブルで向かい合ったどちらの人からも使いやすくなります。

    別に商品ページにこう書かれていたわけではないんですが、YAC-121が家庭用に作られていることを前提に考えると、このように思った次第です。


    次に収納スペースなんですが、これはほぼ正方形のYAD-F800に分があると思います。

    説明する必要もないと思いますが、どう考えても正方形の方が収まりが良いでしょう。長方形がぴったり収まるスペースがあれば良いのですが、なければちょっと置くスペースを考えなくてはなりません。

    それぞれのサイズ・重さは以下の通りです!
  • YAC-121のサイズ:幅29cm×奥行き19.5cm×高さ19.5cm 
  • YAD-F800のサイズ:幅24.5cm×奥行き25.5cm×高さ21.5cm
  • YAC-121の重量:約2.5kg
  • YAD-F800の重量:約2.2kg
  • YAD-F800の方が約300g軽いですね。体感はそんなに変わらないと思います^^

    付属品の違い

    YAC-121は串揚げの調理を前面に押し出しているだけあって、内鍋中央に串をかけられる「串ホルダー」がついています。



    さらに、YAD-F800と違い基本的にフタを開けたまま調理するので、内鍋のフチにつけられる「鍋ガード」も用意されています。

    子供が内鍋で火傷しないようにと配慮されているのがよくわかりますね。

    このふたつの付属品からも、YAC-121が家族みんなで楽しむことを第一に考えた製品だということが伝わってきます。

    わたしはこの部分にすごく好感が持てました^^

    容量の違い

    容量はYAD-F800の方が0.5L多くなっています。
  • YAC-121の容量:1L(油の量:900g)
  • YAD-F800の容量:1.5L(油の量:1350g)
  • 製品の形が違うので一概にどちらの方が良いという話ではありませんが、なんとなく油が多い方が揚げやすいのではないかと思います。

    温度設定の範囲の違い

    温度設定はYAC-121の方が10℃高い200℃まで設定することができます!
  • YAC-121:160℃~200℃
  • YAD-F800:160℃~190℃
  • 200℃って何に使うの?って思うかもしれませんが、YAC-121の表面には「エビフライ」と書かれていました。魚介類の他には水気の多い青菜などが適しているようです^^

    消費電力の違い

    油の容量はYAD-F800の方が多いんですが、消費電力はYAC-121の方が450Wも高くなっています。
  • YAC-121:1250W
  • YAD-F800:800W
  • 消費電力が大きいほどパワーがあるということなので、おそらく油が温まるまでの時間はYAC-121の方が早いのではないかと思います。

    YAC-121の方が油の量も少ないですからね。どんどん揚げられそうです♪

    共通している部分について

    違いについては大体こんなところなので、最後に共通している部分について補足しておきます!

    バスケット

    どちらの製品にも内鍋にすっぽり入るバスケットがついています。バスケットを入れてから調理をすれば、調理後に揚げ物を油から引き上げるがめちゃくちゃ楽になります。

    菜箸だけで引き上げると時間差ができるので、揚がり具合に違いが出てしまいますが、バスケットなら一気に引き上げられるのでそんな心配もありません。

    さらに、使わない時は折りたたんで内鍋に収納可能なので、バスケットの置き場所に困ることもありません。

    安全マグネットプラグ

    さすがに高温の油を扱う調理器具なので、転倒した時の危険度はかなりものです。

    両モデルともその点にはちゃんと配慮していて、電源プラグは電気ポットなどでよく見かけるマグネットでくっつくタイプのものを採用しています。

    万が一子供がコードを足にひっかけたとしても、本体からマグネットプラグが外れるだけなので、それが原因で転倒してしまう可能性はかなり低くなります。

    YAC-121とYAD-F800の仕様を比較表でチェック!

    型番YAC-121(YAC-120)YAD-F800
    消費電力1250W800W
    サイズ幅:29cm
    奥行き:19.5cm
    高さ:19.5cm
    幅:24.5cm
    奥行き:26.5cm
    高さ:21.5cm
    重さ2.5kg2.2kg
    容量(油の量)1L(900g)1.5L(1350g)
    温度設定の範囲160℃~200℃160℃~190℃
    コードの長さ約1.8m約2.0m
    付属品取扱説明書
    串ホルダー
    鍋ガード
    油切り網
    バスケット
    取扱説明書
    バスケット

    YAC-121とYAD-F800はどっちがおすすめ?

    どちらもそれぞれに良い部分があるので一概にこっちがおすすめとは言いにくいのですが、あなたがどんな使い方を考えているのかによって決めるのが一番わかりやすいと思います^^

    YAC-121が向いている人

  • 家族みんなで串揚げを楽しみたい
  • 子供と一緒に使いたい
  • 200℃の高温調理もしたい
  • フタなしでも問題ない
  • 収納スペースに余裕がある
  • YAD-F800が向いている人

  • 使用中に油を飛ばしたくない
  • テーブルが小さめ
  • できるだけコンパクトに収納したい
  • 最新モデルじゃなくても問題ない
  • YAD-F800の見た目が気に入った
  • 山善の電気フライヤーYAD-F800の口コミを紹介します!


    次にYAD-F800の口コミをいくつかご紹介しましょう!

    良い口コミ

    ポテトフライ、オニオンリングなど、ガスレンジを使わず、しかも簡単に出来るので、早速重宝してます。使用する油も、700cc程ですので、比較的少なめで助かります。

    楽天市場より引用
    お手入れも、調理後、固まる凝固剤で中身を捨てたら、後は、キッチンペーパーでシッカリと拭き取れば、ベタベタせず、毎回綺麗に維持出来ています。ガスレンジの油汚れの事を考えたら、コレは買って良かったと思います。

    楽天市場より引用
    毎日使えます!本来は油が酸化するので使う度に処理した方が良いのかもしれませんが…使いやすくて、ついついそのまま3回目になります。

    シルバーと落ち着いていて、カウンターに置きっぱなしでも邪魔にならず、おやつにフライドポテト等作っても油が飛び散らず、使いやすいです。

    既に、卓上で串揚げ、天ぷらと堪能し自粛期間の食事を楽しんでいます!既に元取れた気がします。

    楽天市場より引用
    ずっと気になっていた卓上フライヤー初めて購入しました。使い方は簡単、温度設定もしてくれ、とても楽です。フタを開けて使用しても油はねもとても少なく、これはとても嬉しい!

    楽天市場より引用

    イマイチな口コミ

    鍋だけ取るということが出来ないのと、現状の温度が何度かわかればなーと思いますが、値段も考えてコスパ的に満足しています!

    楽天市場より引用
    フタを閉めて使用すると蒸発した水分がフタを開けた時に本体の後ろ側に流れるので、布巾必須です。

    楽天市場より引用
    ご覧の通り、かなり満足度の高い口コミが集まっていました♪

    YAC-121もそうでしたが、とにかく手軽に揚げ物ができる点コンロを汚さなくて良い点が非常に高く評価されています。

    また、YAD-F800の特徴であるフタを閉めたまま調理できるところも人気の理由ですね!


    イマイチな口コミにある「内鍋が取れない」ということに関しては、わたしもちょっと残念だと思いました。

    内鍋は取り外して洗える方がお手入れがしやすいはずなので、今後の改善に期待したいところです!

    山善のYAC-120とYAD-F800は送料無料で購入できます♪

    YAC-120とYAD-F800はどちらも山善の楽天公式ショップから送料無料で購入できます!

    ショップによっては値段が高い場合があるので、この両モデルに関しては公式ショップで注文するのがおすすめです。

    公式ショップなら万が一初期不良などがあった場合でも安心です。自社製品なので、素早く対応してくれることでしょう!

    created by Rinker
    ¥6,480 (2021/06/21 22:08:37時点 楽天市場調べ-詳細)

    created by Rinker
    ¥5,990 (2021/06/21 23:04:23時点 楽天市場調べ-詳細)

    楽天ボタンをクリックするとおすすめショップに飛びます。AmazonとYahoo!ショッピングは、検索画面に飛ぶので、あなたが良いと思ったところを選んでくださいね!

    まとめ。

    以上、山善の電気フライヤーYAC-120とYAD-F800の違いの比較についてお届けしました。

    形や付属品に違いはあるものの、どちらも評価の高い人気商品です。どちらを選んでも失敗した~となることはないでしょう♪

    でも、どちらかと言えば家庭向けなYAC-121の方がわたしはおすすめです。デザイン的にも機能的にもキッチンに置いておきたくなる製品です♪

    YAC-121に関してはこちらの記事で詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね!

    参考記事:山善電気フライヤー揚げ物の達人YAC-121の口コミ!お手入れや洗い方・レシピも調査!



    山善の電気フライヤーがあれば、家族で揚げ物パーティーし放題ですよ(●´艸`)