今回は、東芝トルネオシリーズの最新モデルトルネオS・VC-CLS1の口コミの評価や、ひとつランク上のVC-CL1700との違いを比較し、わかりやすくまとめてみました。

VC-CLS1は最新モデルではありますが、トルネオシリーズとしては一番ランクの低い(標準モデル)コードレスクリーナーとなります。

ランクが低いといっても、VC-CLS1には明確なコンセプトがあり、一言で言うと軽さと扱いやすさに特化したモデルなんです!

新開発の小型モーターや軽量パワーヘッドを搭載し、さらに延長パイプにアルミを使うことでトルネオ史上一番軽いコードレスクリーナーに仕上がっています。

VC-CL1700と比較すると、ヘッドの機能が少なかったり、ダストボックスにプリーツフィルターがあったりといろいろ違いはありますが、必要最低限の性能で良いという人にとってはおすすめできるモデルと言えます♪

口コミはまだありませんが、吸引力が下がりにくいなどトルネオの良い部分は持ち合わせているので、高い評価が集まることが予想されます。

時間が立って口コミが集まり次第、こちらの記事に追記していきますね^^

VC-CLS1の特長や細かい使用については、本文で詳しくお伝えしているので、ぜひ最後まで読んでいってくださいね!

▼ VC-CLS1 ▼

▼ VC-CL1700 ▼

トルネオS・VC-CLS1の口コミや評価を紹介!

口コミが集まり次第この部分に追記していく予定です!しばらくお待ちくださいm(__)m

トルネオS・VC-CLS1の特長をわかりやすく紹介♪


ここでは、VC-CLS1の特長について解説していきます♪

とにかく軽い!重さわずか1.2kg!

  • VC-CLS1の重さ:約1.2kg
  • VC-CLS1はとにかく軽いのが特徴。本体・延長パイプ・ヘッドを合わせた重がなんと、1.2kgというから驚きです。

    ちなみに、本体のみなら1kgを切って0.8kgという軽さ。全体の軽さもそうですが、ヘッドと延長パイプが合わせて0.4kgというのもビビります。500mlペットより軽いってどういうことですか。

    新開発の小型モーターは従来のモーターに比べると22%も軽くなっているそうですよ!

    邪魔にならない!コンパクト設計♪

  • VC-CLS1のサイズ:幅200mm×奥行き140mm×高さ1045mm
  • VC-CLS1は軽さと同時にサイズも小さくなっています。資料によると、従来のモデルに比べると体積が26%も小型化しているとのことです。

    パワーのあるコードレスクリーナーにはゴツゴツして存在感のあるモデルも多いので、そういうはちょっと…という人にはぴったりですね^^

    「らくわざグリップ」でにぎりやすく扱いやすい!

    VC-CLS1のグリップには「らくわざグリップ」というグリップが搭載されているのですが、これは握った時に手がまっすぐになるよう設計されているもので、腕にかかる負担が軽減されるようになっています。



    また、VC-CLS1のヘッドは手元の動きと向きがリンクするようになっているので、手首をひねるだけでヘッドの向きをかえることができます。

    以前、わたしも他社製の似たような特長を持つモデルを使っていましたが、操作に慣れてくればすごく扱いやすい機能でした。

    とにかく力が必要ないので全然疲れなかったのをよく覚えています♪

    「床ピタ設計」で狭いところも楽々♪

    VC-CLS1は家具の下のせまい部分をうまくお掃除できるように設計されています。

    これを「床ピタ設計」というのですが、ハンドルを倒してヘッドを隙間の奥につっこんでも、ヘッドが床から浮き上がらないようになっているのが特長です。

    地味なように思えますが、家具が多いお部屋ではきっと大活躍しますよ^^

    お手入れ簡単!パーツの水洗いもOK!

    VC-CLS1のダストボックスは全部バラバラに分解して水洗いすることができます。不織布でできたプリーツフィルターも水洗いOKなので、お手入れ時のストレスも軽減されることでしょう。

    もちろんトルネオシリーズの特長であるゴミ圧縮機能も健在。気流の力でゴミを約1/3の大きさに圧縮してくれます^^

    また、上位機種と同じようにダストボックスにはほこりがつかないよう帯電防止加工が施されているので、ゴミを捨てた後も比較的キレイな状態が持続します。

    VC-CLS1とVC-CL1700との違いをざっくり比較解説!


    ここからは、VC-CLS1とVC-CL1700の違いの比較についてお伝えしていきます!

    すべての違いを比較すると長くなってしまうので、わたしが特に重要だと思う部分について詳しく解説しています。

    その他の細かい仕様の違いについては、最後の比較表をご覧ください(´・∀・)ノ゚

    ヘッドの機能がシンプル

    VC-CL1700の「ラクトルパワーヘッド」は自走式で、節電ストップ機能や床を除菌できる抗菌ブラシなどが搭載されていますが、VC-CLS1の「軽量パワーヘッド」にはこれらの機能がありません。

    VC-CLS1の軽量パワーヘッドの特長はとにかく軽くコンパクトなこと。

    ヘッドが小さいので狭い場所のお掃除もスムーズにできるのが持ち味です!

    ▼ VC-CLS1の軽量パワーヘッド ▼

    プリーツフィルターがある

    基本トルネオシリーズはダストボックス上部にある複数の気筒で細かいゴミを分離していますが、VC-CLS1の場合は気筒ではなくプリーツフィルターで分離する仕様となっています。

    プリーツフィルターは使っていると次第に目が詰まっていき、それとともに吸引力が下がってくる特長があります。

    VC-CLS1も他のモデル同様、吸引力が99%持続するとうたっているので吸引力が下がりにくい工夫はしてあると思うのですが、VC-CL1700に比べると持続力の低下はあるかもしれません。

    商品ページにもこの部分についての説明がなかったのであくまで想像の範囲ですが、一応この点は注意しておいた方が良いかもしれませんね。

    また、プリーツフィルターは定期的なお掃除が必要です。水洗いできるので、お手入れ自体は簡単ですが^^

    ゴミ残しまセンサーがない

    VC-CL1700にはゴミを検知して自動で吸引力を調整する「ゴミ残しまセンサー」が搭載されていますが、VC-CLS1にはこの機能がありません。

    たしかにあれば便利なんですが、別になくてもお掃除に支障があるわけではありません。ゴミが多いなと思ったら強モードにすれば良いだけなので。

    ちなみにわたしが使っているコードレスクリーナーにも同じような機能がついていますが、基本的に強モードで使っているので、おそらくオートモードがなくても困らないと思います。

    連続使用時間に影響してくる部分ですが、お部屋が広くてお掃除に時間がかかる人以外はそんなに気にしなくて良い部分かと(*´ε` *)

    布団用ブラシがない

    VC-CL1700の付属品の中には「布団用ブラシ」がついていますが、VC-CLS1にはありません。

    VC-CLS1とVC-CL1700の使用比較表

    型番VC-CLS1VC-CL1700
    サイズ幅:200
    奥行き:140
    高さ:1045
    幅:266
    奥行き:210
    高さ:1060
    重さ(本体のみ)約1.2kg(約0.8kg)約1.8kg(約0.3kg)
    カラーグランオレンジ
    ピンクブロンズ
    グランレッド
    ピンクブロンズ
    集じん容積約0.15L約0.15L
    連続運転時間標準モード:約32分
    強モード:約8分
    標準:約35分
    強モード:約8分
    充電時間約4.5時間約5時間
    特長ゴミ圧縮機能
    グリップとヘッドの向きが連動
    ゴミ圧縮機能
    残しまセンサー
    節電ストップ機能
    自走式ヘッド
    抗菌ブラシ(床の除菌)
    お手入れ水洗いOK水洗いOK
    付属品丸ブラシ
    すき間ノズル
    お手入れブラシ
    ACアダプター
    布団用ブラシ
    丸ブラシ
    すき間ノズル
    お手入れブラシ
    ACアダプター

    VC-CLS1がおすすめな人はどんな人?


    こうして違いを比較してみると、なんとなくVC-CL1700の方が良いように思えてきますが、VC-CLS1はコンセプトがはっきりしているので、人によってはVC-CLS1の方がしっくりくる場合も多いと思います。

    下記に当てはまるような人にはVC-CLS1がおすすめです(●´∀`)ノ
  • 軽くて扱いやすいコードレスクリーナーが欲しい
  • 掃除するスペースがそれほど広くない
  • 家具の下や隙間などをキレイに掃除したい
  • 機能は最低限でも別に問題ない
  • プリーツフィルターがあっても問題ない
  • 最新モデルのトルネオを安く手に入れたい
  • VC-CLS1とVC-CL1700のどちらかで迷ってしまう場合は、この例のようにあなたがどの部分を重要視しているかを整理してみれば判断しやすくなりますよ^^

    VC-CLS1は送料無料で購入できます♪

    VC-CLS1は送料無料で購入することができます!

    この記事の執筆時点で価格を調査してみたところ、ショップによって価格設定にばらつきがあるようだったので、あえておすすめショップは紹介していません。

    注文する前に一度各ショップの値段を比較して、その時点で一番安いショップで購入するのが賢い買い方ですね♪
    ▼ VC-CLS1 ▼

    VC-CL1700はもともと7万円くらいするモデルなんですが、現在は5万円台にまで下がってきています。

    最新モデルにこだわりがないのであれば、性能の高いVC-CL1700を選ぶのもアリだと思います!

    ▼ VC-CL1700 ▼

    まとめ

    東芝トルネオS・VC-CLS1は軽さにこだわったコンパクト設計の扱いスティッククリーナー。

    新設計の小型モーターや軽量パワーヘッドの採用により、トルネオ史上一番軽い約1.2kgという重量を実現しています。

    クラスとしては一番下の標準クラスですが、トルネオの良い部分はしっかり詰まっているので、シンプルで扱いやすいスティッククリーナーを探している人にはうってつけのモデルと言えるでしょう。

    今回比較したVC-CL1700についてはこちらの記事でさらに詳しくお伝えしているので、合わせてチェックしてみてくださいね!

    参考記事:東芝トルネオVVC-CL1700の口コミ!VC-CL1600との違いやバッテリー交換も!


    個人的にVC-CLS1のデザインはトルネオシリーズの中で一番好みです(●´艸`)