寒い季節にはかかせないストーブ。

今やオール電化が主流となっている時代ですが、「うちではまだまだ灯油ストーブが活躍しているよ!」というご家庭も少なくはないと思います^^

それに伴ってポリタンクが必需品となっているかと思いますが…そのポリンタンク。いつの間にか灯油が漏れ出ていた、なんて事がありませんか?

ポリタンクに穴が開いている訳でもないのに何故…?と疑問に思っていた方が多々いらっしゃるかと思いますが、実はその大体の原因はキャップに問題があったからなんです。

それは一体どういう事なんでしょうか。

ということで今回は、ポリタンクのキャップに焦点を当てて、どうして灯油が漏れるのか、その原因の解明をしていきたいと思います!

スポンサードリンク

灯油がポリタンクのキャップから漏れる原因は?

冒頭でも触れましたが、ポリタンクから灯油が漏れ出ているのは大体がキャップが原因です。

では、キャップが主にどのような状態になっていると灯油が漏れて出てしまうのでしょうか?

いくつか考えられる理由を挙げていこうと思います(´・∀・)ノ゚

しっかり閉められていない

まずよくあるのがきちんとキャップがしまっておらず、空回りの状態のまま閉めたつもりになっていたパターン。

キャップの材質が柔らかいため、度々そうなってしまう方が多いようです。

キャップをちゃんとタンクの口に被せてから、一度反時計回りにキャップを回しましょう。

そうすると感覚的にカチっとはまる箇所があるので、そこからキャップを時計回りに回して下さい。

これでしっかり閉める事が出来るかと思います!

キャップが破損している

しっかり閉めた筈なのに何故かまだ漏れるという方は、キャップ自体が破損している可能性があります。

明らかに歪んでいたり割れていたりした場合は完全に破損している状態ですが、キャップの内側にあるねじのように螺旋状になっている溝が傷ついている場合もあります。

見えにくくはありますが、長く使っているとキャップを嵌めた時の摩擦ですり減ったりなどして溝が薄まり、キャップが合わなくなったりもします。

しっかりキャップをしめても漏れ出ている場合はそういった点も注意しましょう。

キャップに見えにくいヒビが入っている

外側も内側も見たところ問題なさそうなのに何故か漏れ出るという方は、キャップに見えにくいほどのヒビが薄っすら入っている可能性があります。

例え薄くてもヒビはヒビなので、漏れ出る原因には充分なりえます。

注意深く確認してみましょう(´・∀・)ノ゚

パッキンがダメになっている

キャップを一通り見たけど原因がいまいちピンとこない…という方は、もしかしたらキャップ内についている輪っか、つまりパッキンに問題があるのかもしれません。

パッキンはポリタンクだけに留まらず、キャップを用いたもの全てにある存在です。

キャップを閉める上で注ぎ口との間にどうしても発生してしまう隙間を埋めるべく備わっているもので、タンクに限らずボトルなど気密性を要する容器にとって非常に重要な役割を果たしています。

これがなければキャップを閉め切る事が出来ません。

なので、最終的にどこを見ても異常個所がなかった場合はパッキンが駄目になっていないか確認しましょう。

以上が、ポリタンクから灯油が漏れている時の主な原因となります。

ひとくちにキャップが問題といってもこんなに原因が挙げられるんですね^^;

こうなってしまった場合はどのような対処をしていけばいいのでしょうか?

次の項目で詳しくご紹介していきますね^^

スポンサードリンク

灯油ポリタンクのキャップやパッキンが劣化した時の対処法!

先ほどキャップに関するトラブルの主な原因をいくつか挙げましたが…キャップやパッキンなど部分的な箇所が壊れたからからといって替えが利くの?と疑問に思う方もいらっしゃるかと思います。

ここではそうした疑問にお答えしていきます^^

キャップだけでも売っているのでキャップごと交換する

「キャップが駄目になったらタンクごと買い直さなきゃいけないのかな」と心配に思っていた方、ご安心ください。

実はキャップ、もしくはパッキンだけでも購入する事が可能なんです^^

しかも値段も手ごろで、大体100円程度で手に入ります。

タンクを買い直すより遥かにお得な金額で購入出来るのはかなりありがたい事ですよね^^

しかしどこで購入する事が可能なのでしょうか?

交換用キャップはホームセンター・ネットで買える

手に入れる方法もそんなに難しくなく、ホームセンターやネットで簡単に購入出来ます。

ネットだと検索してポチっと押せば購入出来ますが、送料がかかるので他の買い物がある時に一緒に注文しておくのがおすすめです!


急ぎで欲しいという方はホームセンターに行ってみましょう。売り場が分からないときは店員さんに尋ねればすぐに対応して下さるかと思います。

以上がキャップやパッキンが劣化した時の対処法になります。

わざわざタンクを買い直さなくていいのは本当に助かりますね^^

それではまとめにいきたいと思います!

まとめ

今回はポリタンクから灯油が漏れる原因であるキャップやパッキンについて色々とまとめさせて頂きました。

普段何気なく使っているものでもやはり劣化はしますし、部分的な箇所であっても買い直しは必要という事がわかりましたね。

ポリタンクから灯油が漏れていたら、
  • キャップがしっかり閉まっているか確認
  • キャップ、又はパッキンに問題がないかチェック
  • 破損していた場合は買い替える
  • 以上の事を実践していただければと思います!

    これでもし灯油のポリンタンクから灯油が漏れていてもすぐ対処できますね(*´ε` *)


    スポンサードリンク