この記事では、らっきょうは体に悪いのか問題についてお伝えしています^^

ついでに、らっきょうはいつ食べるのがベストなのかという疑問も解決していこうと思います!

結論からお伝えすると、らっきょうが体に悪いというよりも、らっきょうを食べ過ぎるのが問題といった方が正しいでしょう。

らっきょうの中には食物繊維や刺激が強めの成分が含まれているので、一度に大量に食べてしまうとメリットを通りこして、デメリットに転じてしまうケースがあるのです。

ただこれは、何粒食べたら必ずそうなるということではなく、食べた人の状態に左右されます。このあたりは本文で詳しくお伝えしますね!

あと、らっきょうは食前に食べるのが血糖値の上昇を抑えるという意味ではおすすめなようです♪

ということで、らっきょうが好き過ぎてちょっと不安になっているあなた、ぜひ最後まで読んでいってくださいね(*・∀-)☆

スポンサードリンク

らっきょうは体に悪いのかどうかについて

らっきょうにはいろんな栄養素が含まれているので、体に悪いというよりも、どちらかと言うと体に良い食べ物と言えるでしょう。

では、なぜらっきょうが体に悪いとかそういう話になるのかと言うと、冒頭でもお伝えした通り、一気にたくさん食べ過ぎるとメリットだけでなくデメリットも顔を出してくる可能性があるからです。

これに関しては、らっきょうが大好きなわたしも大いに頷けます。わたしもらっきょうを食べ過ぎたうちの一人なので。

では、らっきょうの食べ過ぎにはどんなデメリットがあるのかと言いますと…
  • 胃が痛くなる(かもしれない)
  • 便秘になる(かもしれない)
  • 下痢になる(かもしれない)
  • 鼻血が出る(かもしれない)
  • おならが臭くなる(かもしれない)
  • みたいな感じになります!

    ちなみにわたしは、甘酢漬けのらっきょうを一度に小袋半分くらい食べた時は、たしか下痢になったように記憶しています。らっきょうだけのせいかはわかりませんが。

    あと、胃が痛くなるというのもよく目にする意見ですね。らっきょうの中に「硫化アリル」という成分が理由のようです。

    わたしは大丈夫でしたけど、胃腸があまり強くない人がらっきょうを食べ過ぎると、胃の粘膜がびっくりしてしまうのかもしれませんね。

    ちなみにこの硫化アリルという成分は加熱すると刺激の弱い成分に変化するので、らっきょうをたくさん食べたい場は刻んでスープに入れたりするのもアリかもしれませんね^^

    ちょっと面白かったのが鼻血が出やすくなるというデメリット。

    らっきょうには血液がサラサラになる成分が含まれているそうなんですが、血がサラサラになり過ぎて(血が止まりにくくなって)鼻血が出やすくなるとかどうとか。うーん…どうなんだろ。

    まぁ便秘や下痢になっていれば、おならも臭くなってるでしょうね。これは納得。

    それとですね、これは強くお伝えしたいのですが…、デメリットがあると言っても可能性の話であって、たくさん食べたら必ず何らかの症状がでると確定しているわけではありません

    冒頭でもお伝えした通り、こういった症状は食べる人(や体調)によって全然変わってきます。

    なので、あまり過度に心配しないで大丈夫です。自分は胃腸が弱いという自覚のある人がちょっと気にかけておく程度で問題ないでしょう。

    とは言え、どんなものでも食べ過ぎはよくありません。これは間違っていないと思います。

    なので、わたしのようにらっきょうを一度に小袋半分も食べるような食べ方は間違ってもしないようにしましょう。論外です(反省)。
    結論:らっきょうは食べ過ぎなければ体に悪い食べ物ではない。胃腸の弱い人は注意!
    スポンサードリンク

    らっきょうはいつ食べるのが良いのかについて

    らっきょうのことを調べるとついでに、らっきょうはいつ食べるのが良いのかについても調べてみました。

    個人的には、食べたい時に食べるのが一番良いだろうよと思っていたのですが、実は食べるのに適したタイミングというのがあることがわかりました。

    そのタイミングとは、なんと「食前」でーすヽ(`Д´)ノ≡3

    そう、「カレーを食べる前にまずらっきょうを食べよ」ということです。

    その理由は、らっきょうに含まれる食物繊維が血糖値の上昇を緩やかにしてくれるからとのことでございます。

    そういう人もいるかもしれませんが、わたしはカレーを何口かいった後に食べたいですね。

    血糖値の上昇を抑えるよりも、まずはプレーンなカレーの味を楽しみたいというのが本音でしょうか。わたしの中でらっきょうは「箸休め」兼「味変」のアイテムなので。

    まぁ、わたしの好みは置いといて、血糖値が気になっている人にとっては朗報なのではないかと思います。

    血糖値が心配という人はらっきょうを食前に食べて、あんまり気にしない人は食べたいタイミングで食べるのが良いのではないかと感じました^^

    このらっきょう美味しそう(●´艸`)


    まとめ

    以上、らっきょうは体に悪いのかどうかについてお届けしました!

    らっきょうは別に体に悪い食べ物ではありません。気を付けるべきはらっきょうを食べ過ぎないようにすることです。

    らっきょうには刺激の強い硫化アリルや食物繊維がたくさん含まれているので、食べ過ぎると胃が痛くなったり、便秘や下痢になる可能性があります。

    ただし、これには個人差あるので、たくさん食べたからと言って必ず症状が出るという話もでありません。胃腸の弱いと自覚のある人は少し注意しておいた方が良さそうですね!

    あと、血糖値が気になる人はらっきょうを食前に食べるのがおすすめです。らっきょうの食物繊維が血糖値の上昇を緩やかにしてくれるそうなので。

    わたしはあんまり気にしてないので、これからもカレーを食べた後にらっきょうをいただきたいと思います。

    あー、明日カレーにしようかな。


    スポンサードリンク