この記事では、持ち手が革のトートバッグに洗い方はあるのかどうかについてお伝えしています^^

ナチュラル系のおしゃれトートに多いキャンバス×革のデザイン。これって見た目は良いんですが、汚れてしまった時の対処法に困っちゃいますよね…。

わたし自身この手のデザインが好きで持っているんですが、調べてみたところ、こういった布地と革が一緒になっているトートバッグは丸洗いできないことが判明しました!

結論だけお伝えすると、持ち手が革のトートバッグに洗い方はなく、それぞれ素材に合った方法を別々に試すしかないということになります。

正直、ちょっと面倒くさいなぁ~っと思うかもしれませんが、大切なトートバッグを長く使っていくためには必要なお手入れです。

記事本文では、布地・革それぞれのお手入れ方法について詳しく解説しているので、ぜひ最後まで読んでいってくださいね(*・∀-)☆


スポンサードリンク

持ち手が革のトートバッグに洗い方はあるのか?

冒頭でも軽く触れましたが、持ち手が革のトートバッグは丸洗いすることができません!

というのも、革は水に濡れると色落ちしてしまうからです。さらに、その色が持ち手につながっている部分に移ってしまう可能性もあります。

愛用しているバッグを洗ったら、色移りで使えなくなってしまうなんてのは最悪です…。

とは言え、汚れたままのトートを使い続けるわけにもいかないので、「洗い方」ではありませんが、持ち手が革のトートバッグの汚れの落とし方を紹介したいと思います。

一番簡単なやり方としては、中性洗剤をつけたタオルで拭き取るという方法があります!

以下に、手順をまとめておきますね(´・∀・)ノ゚
① 革の持ち手部分を保護する

色落ちしやすい持ち手の革部分をラップやビニールなどでしっかりと保護しましょう。ここでしっかりと保護しないと色移りする可能性大です!

② 中性洗剤を薄く溶かした水かぬるま湯にタオルを浸して固くしぼる

③ ②タオルでトートバッグの布部分を叩くようにして汚れを落とす

④ 持ち手の革の部分を革専用のクリーナーなどでお手入れ
持ち手の革を濡らさないために、必ず最初にラップなどで持ち手を保護してくださいね!

面倒くさいかもしれませんが、下手に洗剤入りの水分がついてしまうとシミになってしまうかもしれませんので。

革のクリーナーはこういった商品がおすすめです^^


革用品専門店でもおすすめしているクリーナーなので、安心して使えますよ♪

自分で汚れを落とすのであれば、このやり方が一番安全かなとわたしは思うのですが、扱いが難しいアイテムなので、実践する場合は自己責任でお願いしますm(__)m

バッグは使われている素材によって汚れの落とし方が異なってくるので、汚れが気になるけど自分では落とせないと思う場合はクリーニング屋さんに相談してみるのがおすすめです!

コストはかかるかもしれませんが、カバンがダメになってしまうような危険性はなくなります♪

スポンサードリンク

持ち手が革のトートバッグのお手入れ方法

持ち手が革となっているコンビ素材は丸洗いができない分、普段からのお手入れをしっかりとしなくてはいけません。

ここでは、持ち手部分・本体部分のそれぞれのお手入れ方法を紹介していきたいと思います!

持ち手部分(革)のお手入れ方法

先ほども説明した通り、革は水につけると色落ちしてしまいますので、水拭きはしないようにしましょう。

先程と内容がカブってしまいますが、革専用のクリーナーで拭いてあげるのが正解です♪

靴屋さんに売っている革専用のクリーナーでも大丈夫ですよ。布やタオルにつけて優しくこするとツヤがでます(●´艸`)

また、バッグの持ち手に使われている素材として、本革に似せた人工素材の合皮があります。

合皮は本革に比べると水への耐性がありますが、湿気には弱く加水分解してボロボロになってしまいます

3~5年ほどが寿命と言われていますが、長く使うためには湿気を避けてこまめにクリーナー(革用のものでOK)などでお手入れをしてあげてくださいね!

本体部分(キャンバス・帆布)のお手入れ方法

主に布でできている本体は、革の持ち手よりも汚れやすい部分と言えます!

本体の生地に汚れがついてしまわないように、日頃から以下の点に注意してみてください(´・∀・)ノ゚
  • 型崩れや色あせしないように基本的に水洗いはしない
  • バッグを使ったら中身を全部出し、風通しの良いところにかける
  • 雨などで濡れた時は乾いた布でしっかりと拭き取る
  • バッグは水洗いしてしまうと、生地が色落ちしたり、プリントされたロゴなどが劣化する可能性があります。

    トートを丸ごと水洗いして一気にキレイにしてしまいたい気持ちはわかりますが、そこは我慢です。

    汚れてしまった場合は、先程お伝えした通り洗剤を染み込ませたタオルで汚れを叩きながら落としてあげましょう。

    また、バッグに荷物を入れっぱなしにすると湿気で汚れたり黄ばみが出てくることがあります。

    毎日同じバッグを使う人は、一週間に一回でもいいので全ての荷物を出して風通しの良いところで乾燥させるように心がけてみてくださいね!

    これ、結構重要なポイントです(`・ω・´)ノ

    そして、雨などでバッグが濡れてしまった時は、屋内に入った後に乾いたタオルなどで水分を必ず拭き取るようにしましょう。

    この時に拭き残しがあると、その部分だけ染みのような跡になってしまう可能性もあるので、しっかりと全体の水分を拭き取ることがポイントです。

    このようなお手入れを普段からこまめに行うことで、バッグを長持ちさせることができます♪

    少しくらい汚れても大丈夫だろうと放置してしまいがちですが、時間が経つとどんどん落ちにくくなっていくので、気づいた時点で落とすようにしましょう(´・∀・)ノ゚

    まとめ

    以上、持ち手が革のトートバッグに洗い方はあるのかどうかについてお届けしました^^

    こうした革と布地が両方使われているタイプのトートバッグは、革が色落ちしてしまうので丸洗いすることができません。

    対処法としては、持ち手は革専用クリームで汚れを落とし、本体の生地部分は中性洗剤をつけたタオルで汚れを拭き取るやり方がおすすめです!

    この時、革が濡れてしまわないようラップなどでしっかり持ち手を保護するようにしましょう。

    また日頃からのお手入れとしてあ、
  • 革の部分は専用クリーナーでお手入れ
  • 布の部分についても基本的に水洗いはしない
  • 時々中身を全て外に出し、風通しの良いところで乾燥させる
  • 雨などで濡れた時は乾いた布で水分を拭き取る
  • トートに限らずバッグを長く使うためには、日頃のケアが非常に大切です。

    面倒くさい気持ちはわかりますが、できるだけこまめにケアしてあげましょう!

    あなたのお気に入りのトートがいつまでもキレイでありますようにヽ(*´∀`)ノ

    スポンサードリンク