この記事では、オリーブオイルとサラダ油を混ぜるのは問題ないのかについてお伝えしています!

結論からお伝えすると、サラダ油とオリーブオイルを混ぜても大丈夫です♪

揚げ物や炒め物をする時やドレッシングを作る時などにサラダ油が足りなくなってしまったら、迷うことなくオリーブオイルを混ぜてしまいましょう。

風味的にサラダ油との相性も良いので、安心してブレンドできます^^

この記事では、
  • オリーブオイルとサラダ油を混ぜることによるメリットや、混ぜる時の注意点
  • ごま油とサラダ油を混ぜるとどのような感じになるのか
  • オリーブオイルとごま油の相性について
  • ブレンドしない方が良い油について
  • などについてまとめているので、ぜひ最後までチェックしてみてください(*・∀-)☆

    スポンサードリンク

    オリーブオイルとサラダ油を混ぜるとどんな感じになる?

    冒頭でも少し触れましたが、オリーブオイルとサラダ油を混ぜることに問題はありません♪

    むしろサラダ油にオリーブオイルを混ぜることで、嬉しい効果があったりします。

    というのも、オリーブオイルは酸化しにくい性質を持つので、ブレンドすることでサラダ油のみで揚げ物をする時と比べてやや酸化しにくくなるからです。

    栄養面でも、オリーブオイルに含まれる、悪玉コレステロールを減少する効果が言われる「オレイン酸」を一緒に摂取することができるんですよ。

    また、オリーブオイルはサラダ油と比較すると、素材に熱を伝えるスピードが速い性質があり、油が浸透しにくいため揚げ物がカラッと揚がるメリットもあります。

    味や風味に関しては好みもあり、慣れないうちは多少違和感があるかもしれませんが、慣れるとオリーブオイルの爽やかさも加わり、そちらの方が美味しいと感じる方も多いようです^^

    次に、油を混ぜるときのポイントを紹介しますね(´・∀・)ノ゚

    揚げ物に使う時のポイントは、混ぜる割合をオリーブオイル3:サラダ油1程度にし、エクストラバージンオイルではなく、「ピュアオリーブオイル」を使うことです!

    その理由は、エクストラバージンオイルは香りが強く高価で、加熱時の発煙温度も170度であるため、生食で使用されることが多いからです。

    逆に、ピュアオイルは香りが弱く、エクストラバージンオイルと比較すると安価なのが特徴です。

    加熱時の発煙温度も210度と高めなので、加熱料理によく使われるんですよ♪

    このような理由から、揚げ物にはピュアオリーブオイルが適していると言えます。

    オリーブオイルはサラダ油と比較すると値段が高いので、ドレッシングやアヒージョなどを作る際、サラダ油とブレンド使えば経済的にも嬉しいですね♪

    あと、混ぜるときの注意点として必ず確認していただきたいのが、サラダ油に「乳化剤・レシチン」が入っていないかという点です。

    乳化剤は、油と水が混ざりやすくなるために添加するもので、乳化剤の入っているサラダ油にオリーブオイルを混ぜてしまうと、揚げるときに泡立ってしまったり、揚げた後にベチャッとした仕上がりになってしまいます。

    なので、サラダ油は「乳化剤・レシチン」入っていないものを選んでください(`・ω・´)ノ


    スポンサードリンク

    ごま油とサラダ油を混ぜるとどんな感じになる?

    では、手元にあるのが、オリーブオイルではなくごま油だったらどうでしょうか?

    この場合も混ぜることに特に問題はありません^^

    ごま油の香りが強い分食材との相性には好みがありますが、風味がとてもよくなるので揚げ物や炒め物におすすめです。

    他にも嬉しい効果として、ごま油のみでの揚げ物は油ぎれがあまりよくないと言われますが、サラダ油を混ぜることでその弱点を補いカラッと揚げることができます♪

    また、オリーブオイルと同様にごま油の方が酸化しにくいので、サラダ油だけの時よりも油が酸化しにくくなる点や、ごま油に多く含まれる栄養素で、老化防止や疲労回復に効果があると言われている「ゴマリグナン」「オレイン酸」なども一緒に摂取出来る点も見逃せません♪

    もしオリーブオイルがなくごま油しかない場合でも、味的に問題がなさそうな料理であれば思い切ってブレンドしてみてください^^

    オリーブオイルとごま油を混ぜるとどんな感じになる?

    では、サラダ油が全くない時や、いつもオリーブオイルで調理をしていて足りなくなってしまった時に、オリーブオイルとごま油を混ぜるとどんな感じになるでしょうか?

    この組み合わせに関しては、オリーブオイルとごま油を混ぜることに大きな問題はありません。

    ただ、どちらも香りや風味の強く、それぞれの特徴がぶつかってしまうので、あまり合わない組み合わせになります。

    もし使用するのであれば、加熱用で香りの少ないピュアオリーブオイルで最初に炒め、仕上げの香りづけにごま油を回しかけるなどの工夫をすると、比較的上手に使えるのではないかと思います!

    ブレンドしてはダメな油について

    ここまで他の油同士で混ぜても基本的には問題のない組み合わせを紹介してきましたが、ここではブレンドするのがおすすめできない組み合わせについて見ていきましょう。

    まず1つ目は、「ココナッツオイル」です!

    ココナッツオイルは他の油と混ぜて揚げ物をすることによって泡立ちやすくなり、吹きこぼれることで引火する危険があるので、混ぜて揚げ物をすることを避けたほうがよさそうです。

    2つ目は繰り返しになりますが、「レシチン」や「乳化剤」が入っているサラダ油です。

    レシチンや乳化剤が入っていることによって泡立ちやすく、また仕上がりもべチャッとしやすくなります。

    3つ目は、加熱に弱い「えごま油」「アマニ油」を混ぜて揚げ物などに使うことです。

    えごま油やアマニ油は加熱することで油が酸化してしまい、焦げた揚げ物のようになってしまうことと、酸化した油は健康上にもよくないのでおすすめできません。

    油の組み合わせによっては、引火の危険や、せっかくの栄養素を台無しにしてしまうことがあるので、上にあげた組み合わせは出来れば避けるようにしてくださいね!

    まとめ

    以上、オリーブオイルとサラダ油を混ぜるのは大丈夫なのかどうかについてお届けしました!

    おさらいしておくと、オリーブオイルとサラダ油は混ぜて使用しても問題はありません。

    サラダ油とオリーブオイル、もしくはごま油の組み合わせは、香りや風味も加わり、お料理が美味しく仕上がるだけでなく、栄養面においても「オレイン酸」などの栄養素を一緒に摂取出来ることで健康上にも嬉しい効果が期待できます♪

    逆に混ぜない方が無難な油は、
  • オリーブオイルとごま油 … 香りや風味が喧嘩してしまう可能性がある
  • ココナッツオイルや乳化剤・レシチンの入っているサラダ油 … 他の油に混ぜて揚げ物に使用することで、引火の危険がある
  • えごま油やアマニ油 … そもそも熱に弱い(酸化しやすい)。混ぜても、加熱に強くなるわけではなく、栄養を損なう可能性があるので揚げ物には適さない
  • などです!

    香りや風味の相性、理時の危険性、栄養面を考えると安易に混ぜるのは避けた方がよさそうです。

    サラダ油が足りなくなってしまった場合や油の組み合わせに困った時などの参考にしてもらえたら嬉しいです^^

    スポンサードリンク