本ページにはプロモーションが含まれています。

アイスリングの本物はどれかを見分ける方法!類似品との違いも解説!

アイスリング 本物はどれ

この記事では、アイスリングの本物はどれかを見分ける方法についてお伝えしています^^

数年前から一気に流行りだしたアイスリングですが、本物と呼べるのは「SUO」というブランド名が入った製品になります。

また、SUOは子供服ブランドである「F.O.international」とコラボして商品を販売しているので、F.O. internationaのアイスリングも本物という判断でOKです♪

記事本文では、このあたりについて詳しく解説するとともに、商品名以外にチェックするべきポイントや類似品との違いなどについてもまとめてみました。

本物であるSUOアイスリングを購入したい!と思っている人は、ぜひ最後まで読んでいってくださいね(*・∀-)☆

スポンサードリンク

アイスリングの本物はどれ?となった時にチェックするポイント!

それでは早速、アイスリングの本物と類似品の見分け方について見ていきましょう!

ブランド名をチェック

冒頭でもお伝えした通り、本物のアイスリングは「SUO」「F.O. international」のブランドからのみ販売されています。

SUOのアイスリングは首に優しくフィットし、カラーバリエーションも豊富なのが特徴です。

F.O. internationalは可愛いデザインの子供服で知られるブランドですが、SUOとのコラボレーションでアイスリングも手掛けています。

購入の際は、これらのブランド名が記載されていることを確認しましょう!

販売店を見極める

アイスリングを通販で購入する際には、公式オンラインショップや正規販売店での購入が最も安心です。

Amazonや楽天などの大手通販サイトを利用する場合でも、販売店が公式ショップ(正規品を扱うショップ)かどうかをしっかりとチェックしてくださいね!

冷却素材を確認する

SUOのアイスリングは高品質なPCM素材(冷却素材)を使用しているため、その冷感効果と持続性に優れています。製品の素材情報を確認して質の高いものを選びましょう。

適正価格を知る

本物のアイスリングは通常3,500円程度で販売されています。価格が極端に安い場合は、類似品である可能性があるので価格も購入の参考にしてください。

パッケージを確認する

正規品は通常、品質を保証するために丁寧なパッケージングがされています。不自然なラベルや誤字があるパッケージは偽物の可能性があります。

製品の仕上がりと品質をチェックする

成形が雑であったり使用されている素材が粗悪である場合は、質の悪い類似品の可能性が高いです。

SUOのアイスリングは丁寧に作られ素材も高品質なので、商品画像をしっかりチェックしてみましょう。

公式サイトの情報と照らし合わせる

公式サイト以外から購入する場合は、アイスリングに関する情報が公式サイトと一致しているかを確認することも重要です。

そのアイスリングが本物であれば、製品情報やスペックなどが公式サイトと一致するはずです。類似品の中には製品情報のデザインを本物に似せている場合もあるようなので注意が必要です。

販売者や製品のレビューや評価を調べる

販売者が他の商品に対してどのような評価を受けているかも参考になります。質の悪いアイスリングを売っているようなお店には良くないレビューが並びます。

信頼できる販売者から購入することが重要なので、購入前には必ずレビューもチェックするようにしてくださいね!

スポンサードリンク

アイスリングの本物と類似品との違いを比較解説!

ここからは、本物のアイスリングのあるSUOの製品と値段の安い類似品の違いについてまとめてみました。

類似品だからと言ってすべての製品が悪いというわけではありませんが、やはり類似品は模倣品なので本家より劣っている部分が多くなってしまう傾向にあります。

値段が安いという点以外ではどちらかと言うとデメリットの方が多いので、類似品を選ぶ際はご注意ください!

においの有無

本物のアイスリング(SUOブランド)は開封時に特有の臭いがほとんどありませんが、類似品は輸入品特有の匂いがするという口コミがありました。

アイスリングは顔に近い部分に装着するものなので、においがきついのはなかなかのデメリットですね。

時間の経過とともに薄れていくとは思いますが、しばらくは我慢しながら使うことになりです…。

凍結温度の違い

SUOの製品だけでなく類似品もPCM素材を使用していることが多いですが、含有量が異なるため凍結温度に違いがあります。

SUOのアイスリングはは室温(28度)で凍結可能ですが、類似品(例:GENKIなど)はより低い温度(24度)が必要なので、冷蔵庫や冷凍庫を使う必要があります

アイスリングは室温で凍結するのが大きな特徴なので、わざわざ冷蔵庫や冷蔵庫に入れないとダメというのはだいぶ面倒くさいと思います。

水をかければ良いと言えばそうなんですが、わたしはやっぱりちょっと嫌ですね…。

装着感の違い

SUOのアイスリングは着け心地が良く締め付け感が少ないのに対し、類似品は締め付けを感じやすい傾向があるようです。

締め付けが強いのは人によってはストレスを感じる原因になってしまうので、これはなかなか大きな問題点となるでしょう。

考え方によっては落下防止になるという風に捉えることもできますが、やはり締め付け感が強い製品はしんどいのではないかとわたしは思ってしまいます。

アイスリングの本物はどれかの見分け方についてのまとめ

以上、アイスリングの類似品と本物の見分け方についてお届けしました!

いつの間にか、かなりの数の類似品が登場しているアイスリングですが、本物と呼べるのは「SUO」が作っている製品になります。

これには、SUOとコラボしている「F.O.international」から販売されている製品も含まれるので、ぜひ覚えておいてくださいね!

類似品との見分け方はいくつかありますが、まずはアイスリングのタグの部分に「SUO」やF.O.international」のブランド名が入っているかの確認、そして適正価格(3500円程度)と比べて安すぎないかという点に注目しておけば良いでしょう。

類似品は本物と比べるとかなりお買い得なように感じますが、細かな点で違いがあるので類似品を選ぶ際は本物との違いを十分確認してから購入することを強くおすすめします。

「しっかりした製品が欲しい」「子供に持たせるので安全性の高いものが良い」のようなはっきりした基準を持っている場合は、迷わず本物であるSUOのアイスリングを選んだ方が良い結果になると思います^^

スポンサードリンク
error: