この記事では、辛いラーメンを辛くなくする方法(辛さを和らげる方法)について、わかりやすくお伝えしています!

辛いものは苦手なんだけど、辛いラーメンのあの味は好きなんだという人、結構多いんじゃないかと思います。

かくいうわたしもその一人なんですが、辛いラーメンは辛いだけじゃなく独特のクセになるような美味しさ、旨味があります。

で、なんとか辛いラーメンを辛くなくする方法はないものかといろいろ調べてみたところ、卵や乳製品を混ぜる方法が有効なことがわかりましたヽ(*´∀`)ノ

この記事でお伝えしている方法を駆使して、あの辛くて美味しいラーメンを食べちゃいましょう♪


スポンサードリンク

辛いラーメンを辛くなくする方法まとめ!

それでは早速、辛いラーメンを辛くなくする方法を紹介していきます!

辛くなくすると言っても、完全に辛味がなくなるわけではありません。プラスする食材によって辛さが和らぐという意味なので、その点はご注意くださいm(__)m

ちなみに、辛いラーメンを辛くなくする方法には大きく分けて、
  • 卵を入れる
  • 乳製品を入れる
  • 調味料を入れる
  • の3つのタイプに分類されます!

    まずは定番の卵を加える食べ方からみていきましょう♪

    溶き卵を加える

    事前に溶き卵を作っておいて、食べる前に入れる方法です!

    ひらたく言うと、「かきたまラーメン」にするわけですが、溶き卵を使うことでスープ全体がまろやかな感じになるのが特徴です。

    溶き卵の中に唐辛子や辛味スパイスが混ざってくれるので、スープの辛味が抑えられるという仕組みです。

    とにかくラーメン全体の辛味を抑えたいという場合に、まず試していただきたい方法と言えるでしょう!

    生卵を落とす

    こちらは溶き卵にせず、卵をそのままスープに落とすタイプです!

    もちろん卵を落としただけではまろやかにはならないので、辛さも少しは楽しみたいという場合におすすめできます。

    で、辛さを我慢しつつ食べて、もうダメ~ってなったらスープに浮かんでいる黄身をつついて、麺に絡めて食べると良いでしょう。想像どおり、まろやか〜になります。

    また、ある程度スープが冷めた状態で黄身をつぶしても、かきたまラーメンのようにはならず、スープと黄身が一体化していきます

    この状態のスープはかきたまラーメンのスープよりもまろやかになる(とわたしは思う)ので、あえて最初から黄身をつついてしまうのもアリでしょう!

    チーズを入れる

    卵の次は乳製品であるチーズの登場です!

    出来上がった辛いラーメンの上から、スライスチーズやシュレッドチーズをかけていただきましょう。

    もちろん、チーズはとろけるタイプがおすすめです。口当たりが全然違います。

    チーズタッカルビに代表されるように、韓国料理でも唐辛子とチーズの組み合わせは鉄板の相性。

    加えたチーズが唐辛子の辛さを包み込み、スープの辛みを和らげる効果が期待できます!

    ただし、元の味とかなり変わってしまうのがネックとなります。牛丼とチーズ牛丼の味の違いを想像すれば、よくお分かりいただけるかと思います。

    というわけで、辛いのが苦手でチー牛が好きな人は絶対試してみましょう。

    さらにはちみつを加える

    ラーメンの味は変わっても問題ないぜ!というあなたは、さらにはちみつを加えてみるのもおすすめです!

    「チーズ」「はちみつ」ってあまり同時に登場しませんが、実はなかなか相性が良い食材同士だったりします。

    食べてみればわかりますが、チーズの塩味とはちみつの甘味&コクが混ざり合って、独特の風味が誕生するのです。

    まぁ、生ハムメロンやハワイアン系のピザみたいな、あんな感じのちょっと変わった感じになるわけです。

    そこに濃いラーメンの旨味が加わるので、今までとはひと味もふた味も違ったラーメンに変身します。

    好き嫌いは多少分かれるかもしれませんが、なかなか面白い趣向のラーメンになりますよ♪

    スポンサードリンク

    牛乳でラーメンを作る

    次に変化球として、牛乳を使ってラーメンを作るという方法を紹介します^^

    某有名メーカーのシーフードヌードルで流行ったのと同じ手法ですね♪

    唐辛子に含まれる辛味成分の「カプサイシン」は、牛乳に含まれる「カゼイン」と結びつくことで刺激が弱くなります(辛味を感じにくい状態になる)。

    また、カプサイシンは脂溶性なので、油脂に溶け出す性質があります。

    この性質のおかげで、カプサイシンが体内にすーっと入っていき、口の中で辛味を感じにくくなるとも言われています。

    ここにきていきなり科学的な話になってしまいましたが、牛乳の効果はかなり強いので、辛味を抑えるという点ではかなり強力な助っ人となります♪

    ただ、チーズ&はちみつ以上に味変してしまうので、これはこれと割り切って食べるようにしましょう。

    豆乳でラーメンを作る

    牛乳は苦手なんだよな~という場合は、豆乳を使うのも全然アリです。

    豆乳にも油脂は含まれていますし、牛乳よりも糖が多いので風味もさらにまろやかな感じに変化します。

    「ピリ辛豆乳鍋」「豆乳坦々スープ」など一般的に唐辛子と豆乳を合わせた料理があることからも、納得の組み合わせですよね!

    そう、激辛がピリ辛程度になってくるのです。

    お湯の代わりに牛乳や豆乳を使う時は、全量ではなくお湯と半々で作ったり、ラーメンのお湯の量を少し減らして、減らした分だけ牛乳や豆乳を「ちょい足し」するのも良いやり方です♪

    バターやマヨネーズを入れる

    最後におまけ程度ですが、調味料を使って辛さを和らげる方法について補足しておきましょう!

    辛味を抑える調味料としておすすめなのは、
  • バター
  • マヨネーズ
  • 砂糖+ごま油
  • の3つとなります(´・∀・)ノ゚

    ご存じの通り、バターは牛乳が原料ですし、マヨネーズの中には油や卵がたくさん入っています。

    なので、辛いラーメンにマヨネーズを加えることで辛さを和らげることができるのです!

    あと、当たり前過ぎますが、当然「砂糖」も辛さを和らげる調味料となります。

    なりますが、砂糖だけを入れると変に甘じょっぱい感じになる場合があるので、バランスを取るためにごま油も一緒に入れてあげると良いでしょう。

    ごま油が入ることで、中華感を損なうことなく味変させることが可能です♪

    はちみつも使えないことはないと思いますが、独特のクセがあるのではちみつが好きな人だけ試してみてください!

    ラーメンを冷ましてから食べると少し辛みが弱くなる!?

    辛味を抑えるという点ではそれほど高い効果は期待できませんが、ラーメンを少し冷ましてから食べるというのもひとつの方法です。

    とういのも、「辛い」というのは味ではな「刺激」なので、熱いと感じやすく、冷たいと感じにくくなる性質があるからです!

    ラーメンは熱々のところをいただくのが本筋だとは思うのですが、別にどっちでも良いという場合は、冷まして食べたり、思い切って冷やしラーメンとして食べるのもアリかとわたしは思います^^

    この方法のメリットは味変なく辛味を抑えられること(感じにくくできること)です。

    卵や乳製品の混ざった味だとちょっとなー…と思う人は、ぜひ一度試してみてくださいね!

    まとめ

    以上、辛いラーメンを辛くなくする方法(辛さを和らげる方法)についてお届けしました。

    辛いラーメンを辛くなくする方法には、
  • 卵を入れる
  • チーズを入れる
  • 牛乳で作る
  • それらを含んだ調味料を加える
  • 砂糖&ごま油を入れる
  • 冷ましてから食べる
  • 思い切って冷やしラーメンにする
  • などがあります(´・∀・)ノ゚

    どの食材も普段から冷蔵庫の中にあるようなものばかりなので、手軽に試せる方法だと思います。

    この中からあなたの味の好みに合いそうな方法から試してみてくださいね!

    また、これらの方法をかけ合わせて、ハイブリッドな手法を編み出すのも面白いでしょう。
    牛乳でラーメンを作って、溶き卵を入れて、チーズをトッピングする
    みたいな感じにすると、もう全くの別ものですが、それなりに美味しいラーメンになるかもしれませんよ(●´艸`)

    味のついたカップラーメンなど、唐辛子を抜くことができないラーメンを食べる時などに、ぜひ一度試してみてくださいね♪

    参考になれば嬉しいです^^

    このラーメン、めっちゃ美味しいですよね~♪