この記事では、久しぶりに着る服が臭い時の対処法をいくつか紹介していきます^^

季節が変わる毎に衣替えをしていると、久しぶりに着る服がなんだか臭いな…となった経験はありませんか?

ただ衣装ケースに保存していただなのに、いつの間にか付いてしまったイヤな臭いってとても気になるものです(>_<)

実はこの臭い、服をしまう前に残っていたタンパク汚れ皮脂汚れが原因なんです!

まぁ原因が分かってしまえば対処法はとても簡単なものばかり。すぐに服を着たい時でも応急処置的に対処することができるのでご安心ください^^

また、記事後半ではしまいっぱなしの服が臭くなる原因も解説しているので、これから服は保存する場合は参考にしてみて下さいね(*・∀-)☆

スポンサードリンク

久しぶりに着る服の臭いの落とし方を紹介!

それでは、久しぶりに着る服の臭いの落とし方について解説していきますね!

比較的、簡単に済むものばかりなので、あなたに合った方法で試してみて下さい♪

外に干す

服を出してから着るまでに時間的な余裕があれば、単純に外に干すという方法が簡単で手間もかかりません^^

臭いの気になる洋服を風通しの良い場所に1〜2日間干しておくだけでOK。シンプルですね!

注意点としては、日差しが直接あたるような場所は避けて干すこと。

服に直射日光があたると、服自体にダメージを与え、傷んでしまう原因になりかねませんので。

この方法を試す場合は、必ず日陰で干すようにしてくださいね!

スチームアイロンをあてる

久しぶりに着る服の臭いの原因は、服自体に付いていたタンパク汚れや皮脂汚れ、雑菌であることが多いので、高温のスチームを当てる方法は特に有効です!

時間に余裕がない時も応急処置的に対処できるのでおすすめです^^

やり方も難しいことは何もなく、いつも通りスチームアイロンを洋服にあてるだけでOKです。

熱を与えることで、服に繁殖していた雑菌やタンパク汚れに対処することができます。

臭いを元から無くしてくれるので、時間が経ったら臭いが復活してきたなんて失敗も防ぐことができます。

お家にスチームアイロンがある場合は、ぜひ活用してみてくださいね♪

注意点としては、服の素材が熱に強いものなのか確認しておくことは忘れずにお願いします。

スチームアイロンをかけることで、服を傷めてしまっては元も子もありませんからね!

入浴後の浴室に干す


スチームアイロンがお家に無ければ、入浴後の浴室に干す方法もおすすめです^^

入浴後の浴室は蒸気がたっぷり。

この蒸気が服の臭いを取り込み、蒸発してくれることで洋服に付いたイヤな臭いを消し去ってくれるんです!

注意点としては浴室に干しっぱなしにせず、30分ほどしたら風通しの良い場所に移動させて干すようにしましょう。

ただ、スチームアイロンほど強力に臭いの原因を消し去ってくれるわけではないので、この方法でもまだ臭いが気になるようであれば、洗濯してしまった方が早いと思います!

洗濯する場合は次の方法がおすすめです(´・∀・)ノ゚

酸素系漂白剤で漬けおき洗い

臭いの元を確実に取ってしまいたい場合や付いてしまった臭いが強く感じる時は、一度しっかりと洗濯をして着ると安心です!

もちろんいつも通り洗濯するだけでもいいのですが、その前に酸素系漂白剤に漬けおきしておくとさらに効果的ですよ♪

酸素系漂白剤はドラッグストアやスーパーで見かける「オキシクリーン」「ワイドハイター」で十分です!

服に残っていた皮脂汚れをしっかり洗い落としてくれるので、気持ち良く服を着ることができます^^

スポンサードリンク

しまいっぱなしの服が臭い理由について解説!

そもそもしまいっぱなしの服ってどうして臭くなるんでしょうか?

見た目には分かりづらいですが、しまいっぱなしの服が臭い原因を解説していきますね!

臭いの原因について

スチームアイロンのところでも軽くお伝えしましたが、しまいっぱなしの服の臭いの原因は、洋服をしまう前に付いていた皮脂汚れやタンパク汚れがほとんどです。

長い間タンスや衣装ケースにしまっている間に汚れが変質して、黄ばみや臭いの原因となってしまっているんですね。

さらに放置すると、最悪の場合カビてしまうこともあるのでとても注意が必要です!

特に衣装ケースはプラスチック製のものが多く、通気性は良くありません。

なので、ますます臭いがこもってしまい、しまいっぱなしの服に臭いが付きやすくなってしまうというわけです。

ザ・悪循環ですね(´Д`。)

臭くならないための対策

原因がわかったところで、次は具体的な対策についてみていきましょう!

通気性のいい場所に保存

衣装ケースは定期的に開けて風通しをしてあげるだけでも随分違います。

面倒だとは思いますが、臭いがつかないようにちょこちょこ換気してあげてください!

また、洋服を圧縮袋などで真空状態にして保存しておくのも臭い対策としてはおすすめです♪

洗ってからしまう

衣替えで服を1年近くしまう前は、必ず1度洗濯機で洗ってからしまうようにしましょう。

基本的なことですが、汚れをしっかり落としてから保存することはとても大事です。

汚れが変質して、臭いの原因になるのを防いでくれますよ^^

除湿剤を入れる

臭いの元となる皮脂汚れやタンパク汚れは湿度が上がると菌が増殖する原因になります。

なので、保存する時に除湿剤を一緒に入れておくとさらに安心です!

防虫剤について

補足ですが、大切な洋服の場合服をしまう時に防虫剤を入れることもあると思います。

ついついやってしまいがちなんですが、防虫剤は多ければ多いほど安心という訳ではありません!

たくさん入れて1年近く服と一緒に保存すると、防虫剤の臭いが付いてしまうこともあります。

あの防虫剤の臭いもあまり良い臭いではありませんよね(´Д`。)

防虫剤は量を守って使うようにしましょう。なかなかこれも重要ですよ!

まとめ

以上、久しぶりに着る服が臭い時の対処法をお伝えしました^^

しまいっぱなしの服が臭いと感じた時は、
  • 外に干す(陰干し)
  • 入浴後の浴室に干す
  • スチームアイロンをかける
  • 酸素毛漂白剤で除菌して洗濯
  • こういった方法を試してみて下さいね。

    衣替えのシーズンに服を長期保存する時は、しまう前に必ず洗濯をして、除湿剤と一緒に保存しましょう。

    こうすることであの嫌な臭いの発生を抑えることができます!

    また、ずーっと放っておくのではなく、衣装ケースもたまに換気してあげると臭いがこもるのを軽減できます。

    面倒だとは思いますが、衣類圧縮袋などを使わずに保存している場合は、ちょこちょこ換気をしてあげてくださいね。

    参考になれば嬉しいです^^

    スポンサードリンク