今回は、エナメルの色移りの落とし方をいくつか紹介していきます^^

ブランド財布やバッグ、パンプスなど日常生活の中でエナメル製品はとっても身近なものですよね。

そんなエナメル製品ですが、「いつの間にか色が移っていた!」なんてことがよくあります。

お気に入りのものだと、ショックも大きいんですよね(´Д`。)

でも、ご安心ください!

表面の軽い色移りであれば、自力で落とせるかもしれません^^

いくつか方法があるので、諦める前にぜひ試してみてくださいね!

自力でチャレンジしてみて、それでも落ちなければ、それはエナメルに色が深く入り込んでしまっている可能性があります。

その場合は無理せずプロにお任せしましょう!

間違っても除光液で色移りを落とそうとしたりしないでくださいね!除光液はNGのなので先にお伝えしておきます。

専門店にお願いした時の費用の相場も調べましたので、ぜひ参考にしてみて下さい(*・∀-)☆


スポンサードリンク

エナメルの色移りについて解説!注意点をおまとめ!

エナメルの色移りについて解説する前に、まずは、素材そのものの事を少しお伝えしておきましょう。

エナメルの素材自体は、ポリウレタンや塩化ビニルが使われています。

革や布製品をこのエナメルで覆うことで完全防水になり、エナメルがその下にある生地を汚れなどから守る役割を果たします。

ブランドバッグやお財布、女性のパンプスにも使われ、フォーマル感も程よく出るので、とても重宝されていますよね。

しかし、油断すると革製品と同じように色移りしてしまうことがあります。

正確には「色素の転写」といいますが、エナメルの層に深く色が入り込んでしまうと、自力で落とすことが難しくなってしまうので要注意です!

自力でエナメルの色移りを落とせるのは表面の軽いものだけです。

いろいろな方法をチャレンジしてみて、それでもダメな場合は専門店にお任せする方が安心ですよ^^

よく、除光液を使って色移りを落とそうとする人もいますが、これはエナメル自体がダメになってしまうので絶対にやらないで下さいね!

エナメルの色移りの落とし方!自分で試せる方法はコレ!

それでは、エナメルの色移りを落とす方法をいくつか紹介していきますね(`・ω・´)ノ

消しゴムクリーナーを使う

家に革専用の消しゴムクリーナーがあれば、まずはこれを試してみましょう!


本来は革製品に使うものですが、エナメル製品でも軽い色移りには試してみる価値アリです^^

落とし方も簡単で、色移りの部分を優しく擦るだけです。

ゴシゴシと強く擦るのはエナメルを傷めるので絶対にやめましょう!

中性洗剤を使う

家にある手軽な物で試したい時は、食器用洗剤などの中性洗剤でトライしてみましょう。

ぬるま湯で薄めた中性洗剤を布に吸わせて、色移りした部分を優しく擦ります。

その後は、乾いた布で優しくふき取って終わりです。

洗剤を使うことに多少の不安はあると思いますが、エナメル自体は完全防水です。

なので、洗剤や水分を吸収することはありませんので安心してください^^

ただし、エナメルでコーティングされていない部分が色移りの近くにある場合は注意して下さい。

中性洗剤を吸わせた布が、その部分に当たらないように気をつけて下さいね!

エナメル用クリーナーを使う

革製品と同様に、エナメルに使えるクリーナーもあるんです^^

ローションタイプが使いやすくてオススメですよ。


布にクリーナーを馴染ませ、色移り部分を優しく擦ります。

その後は、別の乾いた布でふき取って終わりです。

こういったクリーナーならエナメルを傷める心配も無いので安心です!

ひどいエナメルの色移りは専門業者で!費用の相場も紹介!

紹介した方法でチャレンジしてみても、色移りが落とせなかったエナメルは無理せずに専門業者に任せましょう!

革製品のリペアを取り扱っているお店であれば、エナメル修理の相談も受け付けてくれる所が多いですよ^^

エナメルの修理方法は大きく分けて2タイプあります。

エナメルに移ってしまった色素自体を抜く方法と、上からエナメルを塗り直す方法です。

それぞれで修理費用も変わってきます。

調べてみたところ、色素を抜く落とし方はちょっと特殊な落とし方のようだったので、今回はエナメルを上から塗り直す方法での費用を紹介していきます。

※ 大体の相場になるので、修理に出す時には事前に必ず確認してみてください!

業者によって費用は様々ですが、お財布であれば1万円〜2万円弱、バッグであれば2万円〜3万円程度が相場のようです。

この方法は、色移り部分だけをピンポイントで塗り直すということが出来ません。

なので、お財布やバッグのエナメルを全体的に塗り直すことになるので物自体の大きさによって多少、金額に幅が出てしまいます。

ですが、自分で落とせない程の色移りはプロに任せた方が安心です^^

大切なものや思い入れのある品であれば、専門店にお願いしましょう♪

まとめ

以上、エナメルの色移りの落とし方についてお届けしました^^

革製品と同じように、エナメルの色移りもいつの間にか起こっていることがほとんどですよね(-∀-`; )

財布であれば、一緒に入れていたレシートの文字が転写したり、パンプスであれば一緒に仕舞っていた隣の靴の色が移っていたり…。

気付いた時って本当にショックです!

エナメルの色移りに気付いた場合は…
  • 革用の消しゴム
  • 中性洗剤
  • エナメルに使えるクリーナー
  • などで落とせないか試してみてくださいね^^

    これらを試してみてダメだった場合は、無理せず専門業に相談してみてください!

    素材そのものをダメにしては元も子もないですからね♪

    スポンサードリンク