今回は、髪を乾かさずに寝てしまった時の対処法をご紹介します♪

仕事で疲れて帰ってきたり、育児に追われているとついつい髪の毛を乾かさずに寝てしまうことってありますよね。

髪にとっては良くないことだと分かっていても、うっかりやってしまう失敗です。

この失敗をどうにかリカバリーする為には早めの対処が肝心です!

方法としてはヘアオイルや洗い流さないトリートメントが一般的ですが、その前にブラッシングをしておくといいんです♪

もちろん、ヘアケア用品を塗る前にブラッシングをすると良い理由についても書いています^^

また、実際に髪を乾かさないと頭皮や髪の毛にどういった影響があるのかにも触れていますので、ぜひ最後までチェックして下さいね(*・∀-)☆

スポンサードリンク

髪を乾かさずに寝てしまったの対処法

それでは、髪を乾かさずに寝てしまった時の対処法について説明していきます^^

基本的なこともありますが、復習も兼ねて読んでみて下さいね。

ブラッシング&ヘアオイルやトリートメント

髪が濡れている状態の時はキューティクルが開いて髪の潤い逃げやすく、髪の毛が傷んでしまう原因になります。

なので、開いているキューティクルを閉じ、潤いを逃さないようにしてあげることが髪の毛をリカバリーする上で最も大切です。

まずは、髪の毛を優しくブラッシングして整えましょう。

焦って始めからヘアケア用品を付けると、髪の毛が絡んでいた場合、髪同士を摩擦させてしまう可能性があるからです。

キューティクルの開いた髪の毛の状態で摩擦すると、枝毛や切れ毛の原因になるので厳禁です(>_<)

この時、強い力でブラッシングするのもNG。必ず優しく行うようにして下さいね!

使うのは粗目のブラシがおすすめです。

その後に、洗い流さないトリートメントやヘアオイルを塗布してゆっくり馴染ませます。

開いているキューティクルを閉じるようなイメージで毛先までしっかりと馴染ませて下さい。

時間は5分ほど置いておけば大丈夫です^^

髪を乾かさずに寝てしまっても、落ち着いて対処しましょう!

個人的におすすめのヘアオイルや洗い流さないトリートメントを紹介しますので、参考にしてくださいね(*´∀`*)ゞ

モロッカンオイル


香りも良く、塗ったあとの髪の毛の仕上がりもサラサラになるので大人気です!

何を選んだら良いのか分からない時は、まずはこちらを使ってみてください^^

ルベル イオ


サロン専売品ですがこちらも人気の高い商品です♪

サロン帰りの様なツヤのあるまとまった髪の毛を再現してくれます!

髪の質や状態によって使い分けできるのも良いですね♪

もう一度頭を洗う

もし時間に余裕があれば、もう一度シャンプーするのもいいでしょう。

洗うところからやり直しです!

終わったらしっかりとタオルドライをして、すぐにドライヤーで乾かして下さいね。

この時に、洗い流さないトリートメントやヘアオイルを付けておくと、髪の毛の補修効果も高まって仕上がりが綺麗になります^^

根元からしっかりと乾かすように意識しましょう♪

スポンサードリンク

髪を乾かさないとどうなる?カビるって本当!?

ここでは、実際に髪の毛を乾かさないとどのなるのかについて説明していきますね。

「髪を乾かさないと頭皮がカビる」なんてことも言われていますが、実際のところはどうなのかも気になる所です。

その点も、併せて解説していきますね!

まず、髪を乾かさなかった時の髪の毛の状態についてです。

髪の毛自体は放っておいても時間をかけて自然乾燥をしていきますが、この自然乾燥が一番よくありません!

先ほども少し触れましたが、髪の毛は濡れている状態の時、キューティクルが開き摩擦などの外部刺激に一番弱くなります

ドライヤーで乾かせばキューティクルは綺麗に閉じますが、自然乾燥のように時間をかけて髪が乾いていくとキューティクルが閉じずに乾ききってしまいます。

すなわち、紫外線などの外部刺激にも弱く、髪同士の摩擦によって更に傷みやすい状態になってしまうのです。

次に頭皮がカビるという情報について。

調べてみたところ、これはカビの一種である真菌が原因で起こる脂漏性皮膚炎のことを言っているのだと思います。

パンやみかんに生えるあの青カビが発生するわけではないので、ひとまずご安心ください(´ー`A;)

この症状は真菌の増殖の他、ホルモンバランスの乱れや髪の毛の洗いすぎ・洗い残しなどが原因になるようで、髪を乾かさずに寝てしまうことが直接の原因ではないようです(無関係とは言い切れませんが)。

とは言え、髪の毛が濡れたままの状態というのは水分を多く含み湿度が高い状態です。

カビ菌だけでなく他の雑菌が増えてもおかしくないような状況なので、お世辞にも衛生的に良いとは言えません…。

日頃何気なくやってしまう自然乾燥ですが、このように髪の毛や頭皮に与える悪影響は計り知れません。

疲れていても髪の毛は最後までしっかり乾かすようにしましょう(*´ε` *)

まとめ

以上、髪を乾かさずに寝てしまった時の対処法をお届けしました^^

髪の毛を乾かさずに寝てしまった時って、髪が傷むだけでなくまとまりが悪かったりクセがついてしまったりして、何も良いことはありません(´Д`。)

もし、髪を乾かさずに寝てしまった場合は、
  • 粗目のブラシで優しくブラッシング
  • ヘアケア用品でキューティクルの補修
  • 時間があればもう一度頭を洗う
  • などを試してみて下さい!

    髪が濡れたままの状態は、髪の毛にとっても頭皮にとってもよくありません。

    頭を洗った後は出来るだけ早く乾かすように意識してくださいね(`・ω・´)ノ

    スポンサードリンク