今回は、イワタニのカセットガスストーブマイ暖の口コミやレビューの評価をメインに、キャンプで使う時の注意点(テントNGなど)やケース・デカ暖との違いについておまとめしました。

カセットボンベ1本で気軽に暖をとれるマイ暖は、キャンパーを中心にかなりの人気を集めています(●´∀`)ノ

口コミやレビューの評価も良好なので、これからカセットガスストーブを買おうと思っている人にはうってつけの商品です。

ちなみに、デカ暖はマイ暖のパワーアップ版。大きさもパワーが大きくなりますが、その分使用時間が短くなります。

あと、マイ暖にイワタニ製の専用ケースはありません。ケースが必要な人は自分で適当な大きさのバッグを用意しているようです!

本文では実際にマイ暖のケースとして使われている商品も紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね(●´∀`)ノ

それでは、イワタニマイ暖の特徴をざっくり紹介しましょう♪
  • カセットボンベ1本で約3時間20分も使える
  • 点火から暖かくなるまでの時が約1分と超速暖
  • 電池も電源も不要なのでどこへでも持って行ける
  • 重さも2.6kgと軽いので持ち運びも楽々
  • 4つの安全装置搭載なので安心して使える
  • 不完全燃焼防止装置・立消え安全装置・転倒時消火装置・圧力感知安全装置
  • 手軽さだけではなく安全性も高いことがわかりますね。これだけ色々揃っていて価格が10,000円程度。そりゃ人気出ますわ。

    マイ暖の良さがわかったところで、次は口コミやレビューの評価を見ていきましょう(*・∀-)☆


    ↓↓↓ Amzon・Yahooショッピングはこちらからどうぞ♪ ↓↓↓

    イワタニのマイ暖の口コミ・レビューの評価をざっくり紹介!

    【良い口コミ】

  • カセットコンロと同じように、点火すればすぐに暖かくなるのでとても便利です。部屋全体を暖めるのは難しいかもしれませんが、マイ暖の前にいれば十分暖をとれます。臭いや音も気になりません♪

  • 屋外式の製品に比べると前方への放射熱は少し劣りますが、マイ暖の周りは暖かいですし、室内の空気を柔らかく温めてくれる印象です。昼間は暖かく夜は寒いという微妙な時期に最適な製品だと思います。

  • 災害用の備えとして購入しました。今後何が起こるかわかりませんので、いざという時のために。

  • 小さなロボットのような見た目がカッコいいです!コンパクトで場所を取らず運びやすいのも良いですね。災害時にも役立ちそうです。パワーもあり足元を暖めるのにちょうど良い感じです。

  • カセットボンベなので手を汚すこともありません。灯油も電気も必要ない、素晴らしい省エネだと思います。ちなみに、イワタニ製以外のカセットボンベでも使用できました。

  • 洗面所で小型のファンヒーターを使用していましたが、コードが邪魔だったのでイワタニのマイ暖を購入しました。点火&消化はカチッっとするだけの簡単操作。狭い場所を暖めるには十分なパワーです。

  • 住んでいるアパートが石油ストーブ禁止だったので、迷った結果イワタニのマイ暖を購入しました。古いカセットボンベで使ってみましたが、部屋の温度が上がりました。購入して良かったです♪

  • 夜の暖房用と防災を兼ねて購入しました。購入に数カ月悩みましたが、買って良かったです。石油ストーブの灯油を使い切った後はマイ暖を使おうと思います。

  • 2台目の購入です!非常時用に購入しましたが、ちょこちょこ使っています。コンパクトなので置き場所に困らないですし、パワーもそこそこあるので気に入っています。ただ、本体もそこそこ高温になるので、小さい子供には注意が必要かと。

  • 狭い場所での使用に向いています。軽くて電源コードもないので持ち運びが楽です。説明書には純正ボンベを使用するように書かれていましたが、3本セットの安いボンベでも使えました♪


  • 【イマイチな口コミ】

  • ほぼ満足しているのですが、火力調整ができればなお良かったです。

  • 強い風が吹くと火が消えてしまいます。風の強い日に外で使うのには向いていませんね。

  • 想像していたよりもガスの消費が早いように感じました。

  • ※ 口コミは内容を変えない範囲で筆者が編集しております。
    ご覧いただいたように、マイ暖の口コミやレビューは概ね高評価となっています。

    ちょっとした要望的なマイナスコメントはあるものの、実際に使ったほとんどの人が満足している様子がうかがえます。

    「全然ダメ!」みたいな露骨な低評価はひとつも見当たりませんでした。

    評価件数も200件以上とかなり多く、かつ高評価ばかりなので、まず間違いのない商品でしょう。

    ということで、わたしは自信を持ってマイ暖をおすすめします(´・∀・)ノ゚

    イワタニのマイ暖はキャンプで使える?テント内はNGです!

    イワタニのマイ暖はお家だけでなく、キャンプでの使用に重宝されています。多くのキャンパーがレビューし、その使い勝手の良さを絶賛しています。

    と、これだけ読めばテントの中でも使えそうな気になるんですが、マイ暖はテント内で使用することはできません。その理由は、酸欠一酸化炭素中毒になる危険があるからです。

    マイ暖が使えるのは屋外、もしくはある程度広い空間のみです。ここはすごく重要なので、覚えておいてくださいね!

    なので、キャンプで使う場合は必ずテントの外で使用しましょう。食事スペースの足元を温める時なんかには最適ですよ((*´∀`))

    イワタニのマイ暖とデカ暖の違いをざっくり比較してみました!

    イワタニのカセットガスストーブには、マイ暖の他にデカ暖という製品があります。


    マイ暖を買う時によく比較されるのがデカ暖なんですが、ここではこのふたつの製品の違いを簡単に比較してみようと思います。

    冒頭でお伝えした通り、マイ暖とデカ暖の違いは、大きさ(サイズ)とパワーです。

    デカ暖はマイ暖と違い、熱源部分が特殊な3層構造になっており、小型の石油ストーブと同じくらいの暖かさが得られます。

    その分ガスの消費量は多くなるので、使用時間はカセットボンベ1本で約2時間30分となります。マイ暖の使用時間が約3時間20分だったので、約1時間ほど短くなる感じですね。

    ちなみにサイズの違いを比較すると…
  • マイ暖:幅:312mm × 奥行き:222mm × 高さ290mm
  • デカ暖:幅:349mm × 奥行き:280mm × 高さ408mm
  • ふたつの差:幅:37mm × 奥行き:58mm × 高さ118mm
  • となります。

    幅と奥行きはともかく、高さはかなり違いますね。軽自動車のような小さな車に積む場合はちょっと邪魔になるかもしれません。

    どちらにもそれぞれ良さがあるので、あなたが使いたいと考えているシチュエーションに合わせて選ぶのが賢い選択だと思います。

    価格差は3,000円くらいなので、キャンプなどに持っていかないのであればパワーのあるデカ暖の方が良いかもしれませんね。

    さらに詳しい違いの比較については別の記事でまとめる予定なので、完成後にはぜひチェックしてみてください(●´∀`)ノ

    【2020.10.23 追記】

    マイ暖とデカ暖の違いについての記事を投稿しました!仕様の違いを表でまとめてます♪

    参考記事:イワタニマイ暖と速暖の違いは?デカ暖との違いの比較も詳しくおまとめ!

    イワタニのマイ暖に専用ケースはあるの?

    残念ながら、マイ暖にイワタニ製の専用ケースはありません。

    なので、キャンプなどに持っていく場合は、箱のままか適当なバッグを用意する必要があります。

    マイ暖のサイズは、
    幅:312mm × 奥行き:222mm × 高さ290mm
    なので、それより大きめのものを選ぶと良いでしょう。

    少し大きめのサイズにするとカセットボンベも一緒に持っていけるので便利です。

    キャンプブログなどで実際にマイ暖のケースとして使われている商品はこのあたりでした(ノ `・∀・)ノ゙



    ブランドものだと値段がそこそこしてしまうので、これらの商品と同じようなサイズのものを探すのがおすすめですね(*´ε` *)

    イワタニのマイ暖を送料無料で購入するならこのショップで♪

    イワタニのマイ暖はショップによって値段にバラツキがあります。

    送料も無料のところとそうでないところが混在している状態なので、ちょっと迷ってしまうかもしれませんね。

    こういう状況でわたしがショップを選ぶ時の目安にしているのが、レビューの数評価の質です。

    その商品を多く扱っているショップの方が何かと安心できるからというのがその理由です。

    ただ値段が安いからといって飛びつくのはあまりおすすめできません。大丈夫だとは思いますが、万が一の時にどんな対応なのかわかりませんので…。

    そういう観点から選ぶと、今回おすすめするショップはこちら。評価件数も多いですし、口コミのコメントを見ても高評価で安定しています。

    どこで買おうか迷った時の参考にしてみてくださいね(´・∀・)ノ゚


    ↓↓↓ Amzon・Yahooショッピングはこちらからどうぞ♪ ↓↓↓

    ひとこと。

    イワタニさんの製品ってキャンパーからかなり人気があるんですよね。カセットコンロのタフまるとかすごい評判ですもん!

    マイ暖にしても、手軽な上に見た目も可愛くてついつい欲しくなってしまいます。

    それはそうと、テントの中でマイ暖を使おうとしていたのって実はわたしだったりします…。よく考えたらわかりそうなのに(´Д`。)

    キャンプ初心者の中には同じように考えている人もいるかもしれませんが、マイ暖はテント内では使えません。これだけはしっかり覚えておいてくださいね。

    使い場所を選んで、手軽に暖をとりまくりましょうヽ(*´∀`)ノ