今回は、アイリスオーヤマのリンサークリーナーの新型RNS-P10と前モデルであるRNS-300の違いを比較し、わかりやすくおまとめしてみました。

リンサークリーナーRNS-P10は、RNS-300の課題点を改良した最新モデル。個人的に重要だと感じた違いは以下の3点です!
  • 電動ポンプ内蔵で水の連続噴射が可能
  • 先の細いT型ヘッドが付属
  • 回収タンクをお手入れしやすい仕様に変更
  • RNS-P10とRNS-300でできることに大きな違いはありませんが、今回のモデルチェンジでより扱いやすい製品になった印象です。

    RNS-P10の特長や細かい仕様の違いについては本文で詳しくお伝えしているので、ぜひ最後まで読んでいってくださいね(*・∀-)☆

    ▼ 新型RNS-P10 ▼

    ▼ 前モデルRNS-300 ▼

    リンサークリーナーRNS-P10とRNS-300の違いを詳しく比較解説!

    それでは、新型RNS-P10とRNS-300の違いをさらに詳しくみていきましょう^^

    冒頭ではお伝えしていない違いもあるのでお見逃しなく!

    水の連続噴射機能



    RNS-300は何度もレバーを引いて水を噴射する必要がありましたが、RNS-P10は内蔵モーターのおかげでレバーを引いている間は連続で水を噴射することができます。

    地味なようですが、何度もレバーを引くのは思っている以上に手が疲れるもの。霧吹きで水をかけながら掃除機をかけるようなものなので、使っている間に疲れがたまってきます。

    その点、RNS-P10のようにレバーを引いている間自動で水が出てくれればかなり負担が軽くなりますね♪

    狭い隙間に使えるT型ヘッド



    RNS-300はブラシ付きヘッドが一種類のみですが、RNS-P10にはブラシ付きヘッドに加え、コンパクトなT型ヘッドがつ追加されました。

    どちらにも言えることなんですが、ブラシ付きヘッドは広範囲の汚れを吸い込むように設計されているのでわりと大さがあります。なので、例えばソファーの隙間のような狭い部分の掃除にはあまり向きません。

    その弱点を補うためにRNS-P10には先端がコンパクトなTに型ヘッドが追加されたのです。

    このT型ヘッドにはブラシはついていないので汚れをこすったりはできませんが、掃除機の隙間用ノズルのようにヘッドが入りにくい部分の汚れもしっかり吸い取ることができます!

    お手入れしやすい回収タンク



    RNS-300の回収タンクは口が小さく洗にくい形状だったのでお手入れが大変でしたが、RNS-P10はこの点もしっかり改良されています。

    回収タンクの形をシンプルなものし、タンクの上部を取り外せるようにすることで内部まで手を入れて洗うことができるようになりました。

    また、お手入れがしやすいだけでなく内部が乾燥しやすくなっているので、乾くまで収納できなかったデメリットもいくらか改善されています。

    給水しやすい清水タンク



    RNS-300の清水タンク(キレイな水を入れるタンク)はヘッドにくっついている仕様で、タンクの下の小さな給水口からお水を入れる必要がありました。

    これがなかなか手間だったんですが、RNS-P10は思い切って清水タンクを本体に移すことで、給水しやすいよう改良しています。

    注ぎ口も上部に移動し口のサイズもアップ、さらにタンクそのものを取外せるようになったのでより手軽に給水できるようになっています♪

    動作音が約10db静かになった




    商品ページの説明によるとRNS-P10の動作音は、RNS-300と比較すると約10db(デシベル)ほど静かになっているとのことです。

    実際に聴き比べたわけではないので10dbの違いがどれくらいのもなのかはわかりませんが、RNS-300の音はそれなりにうるさかったので、これはちょっと嬉しい違いですね。

    ちなみにdbについて解説しているサイトによると、20dbで葉っぱのふれあうくらいの音なのだそうです。10dbはさらにその半分なので、葉っぱがちょっとだけふれあうレベルといったところでしょうか。

    気休め程度かもしれませんが、少しでも動作音が小さくなってくれたのなら文句はありません、はい。

    RNS-P10とRNS-300の仕様比較表

    その他の仕様の違いはこちらの比較表をご覧ください^^


    型番RNS-P10RNS-300
    サイズ幅:290mm
    奥行き:180mm
    高さ:270mm
    幅:248mm
    奥行き:146mm
    高さ:312mm
    重量約3.2kg約2.7kg
    消費電力310W330W
    吸込仕事率30W30W
    ホースの長さ1.2m1m
    清水タンク容量1.1L0.3L
    回収タンク容量0.4L0.5L
    対応温度約40℃まで約40℃まで
    付属品ハンドツール2種
    (ブラシ付きヘッド・T型ヘッド)
    ホルダー
    ハンドツール
    バキュームホース
    ホルダー
    ホースフック
    コードフック2個

    アイリスオーヤマのリンサークリーナーは送料無料で購入できます♪

    RNS-P10もRNS-300も通販で送料無料で購入することができます^^

    ただ、楽天の場合アイリスオーヤマの製品は公式のアイリスプラザよりも他のショップの方が価格が安いことが多い特長があります。

    なので、価格にこだわるなら各ショップを比較してその時点で一番安いショップから注文するのがおすすめです(ショップレビューが安定しているお店を選ぶのもお忘れなく)。

    このような理由から今回はあえておすすめショップを紹介していません。

    購入する場合は価格をしっかり比較してから注文してくださいね(σ^▽^)σ

    まとめ

    以上、アイリスオーヤマのリンサークリーナーRNS-P10とRNS-300の違いの比較についてお届けしました。

    リンサークリーナーという製品そのものが画期的だったのでRNS-300はかなりヒットしましたが、今回のモデルチェンジでさらに扱いやすく改良されています。

    現状の価格差は8000円くらいありますが、今回比較した部分から考えると、これから買うのであれば断然RNS-P10の方がおすすめです。RNS-300はちょっと扱いづらい印象がありますので…。

    RNS-300についてはこちらの記事で詳しくお伝えしているので、迷っている人は合わせてチェックしてみてくださいね♪

    参考記事:アイリスオーヤマリンサークリーナーの口コミ・評判!洗剤や音がうるさいのかも調査!


    それにしても、アイリスオーヤマは何でも作っちゃいますねぇ。